本家 http://www.eclipse.org/jetty/

Java Servletコンテナ
Tomcatでもいいのだが、小さくて分かり易いのでこちらを利用している。
yumでインストール可能なjettyはバージョンが 9.0.x である。これでも十分なのだが、手動で 9.3.xをインストールしてみた。

Java

http://www.eclipse.org/jetty/documentation/current/what-jetty-version.htmlから、Jetty 9.3 はJava8が必要みたい。現状インストールされているのは

[root@c ~]# java -version
java version "1.7.0_85"
OpenJDK Runtime Environment (rhel-2.6.1.2.el7_1-x86_64 u85-b01)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.85-b03, mixed mode)
[root@c ~]#

*alternativesコマンドからも確認します
とjava7を使っている。java8のjdkが欲しいので

[root@c ~]# yum install java-1.8.0-openjdk-devel

としてパッケージをインストール後、alternativesでパスを再定義する

[root@c ~]# alternatives --config java
 
2 プログラムがあり 'java' を提供します。
 
  選択       コマンド
-----------------------------------------------
 + 1           /usr/lib/jvm/java-1.7.0-openjdk-1.7.0.85-2.6.1.2.el7_1.x86_64/jre/bin/java
*  2           /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.77-0.b03.el7_2.x86_64/jre/bin/java
 
Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:2   <---- '2'と入力
[root@c ~]#

これでpathが修正されjava8が利用可能なる

[root@c ~]# java -version
openjdk version "1.8.0_77"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_77-b03)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.77-b03, mixed mode)
[root@c ~]#

導入

http://download.eclipse.org/jetty/stable-9/dist/よりjetty-distribution-9.3.8.v20160314.tar.gzを取得。
/optに展開して、そのリンクを/opt/jettyとした。

[root@c ~]# cd /opt
[root@c opt]# gzip -cd src/jetty-distribution-9.3.8.v20160314.tar.gz | tar xf -
[root@c opt]# ln -s jetty-distribution-9.3.8.v20160314  jetty

簡単な動作テストとしては

[root@c jetty]# cd demo-base/
[root@c demo-base]# java -jar ../start.jar

にてjavaコンテナが起動して demo-base の内容が展開される。そのサイトの8080にてdemo-baseが閲覧可能である。
2016y04m18d_225757426.png

既存apache httpdとの連携


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-18 (月) 23:03:39 (402d)