DELLのPowerVault(TM) LTO-6-200 Tape Driveがある。
商品:http://www.dell.com/jp/business/p/powervault-lto6/pd?oc=as-pvlto6-200&model_id=powervault-lto6
LTO6な単巻ドライブ。SAS接続で/procを見てみると、

[root@x ~]# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
  (中略)
Host: scsi8 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: IBM      Model: ULTRIUM-HH6      Rev: D8E5
  Type:   Sequential-Access                ANSI  SCSI revision: 06
[root@x ~]#

とIBM様のOEM製品でした。具体的にはTS2260かな?

で、この単巻ドライブをLTFSとして利用するには、Linux向けdriverとLTFS向けのツールが必要

  • Linux向けdriver
    IBM Support>Fix Central(https://www-945.ibm.com/support/fixcentral/)にて
    「製品の選択」から
    「製品グループ」->「System Storage」
    「以下から選択 System Storage」->「Tape systems」
    「以下から選択 Tape systems」->「Tape drivers and software」
    「以下から選択 Tape drivers and software」->「Tape device drivers
    「プラットフォーム」->「Linux」
    を選び「次へ進む」ボタンを押下すれば、Linuxの各種ディストリビューション毎にdriverが入手可能になります。
    ここではRHEL6の「lin_tape-3.0.18-1.src.rpm」と「lin_taped-3.0.18-rhel6.x86_64.rpm」を入手した。
  • LTFS向けのツール
    同じくIBMのFix Centralから
    「製品の選択」から
    「製品グループ」->「System Storage」
    「以下から選択 System Storage」->「Tape systems」
    「以下から選択 Tape systems」->「Tape drivers and software」
    「以下から選択 Tape drivers and software」->「IBM Spectrum Archive Single Drive Edition (SDE)
    「インストール済みバージョン」->「1.0」
    「プラットフォーム」->「Linux」
    を選び「次へ進む」ボタンを押下すれば、LTFSのツールが入手できます。
    ここでは「IBM_LTFS_Single_Drive_Edition_for_Linux」から「ltfssde-2.2.2.0-9802-RHEL6.x86_64.rpm」を入手しました

*IBMのFix Centralはユーザ登録が必要のようです

TapeドライブのLinux driverをインストール

入手した「lin_tape-3.0.18-1.src.rpm」をrpmbuildでrpmファイルに仕立てます。そこにdriverが含まれます。

[root@x ~]# rpmbuild --rebuild LTFS/lin_tape/lin_tape-3.0.18-1.src.rpm

そして、driverをインストールします。

[root@x ~]# yum localinstall rpmbuild/RPMS/x86_64/lin_tape-3.0.18-1.x86_64.rpm

rpmファイルの中身は「rpm -qpli <rpm>」で確認できます
これでdriverはインストールされました。次に作ったderiverをカーネルに読み込ませ、テープデバイス(/dev/IBMtape0)を作ります。
また起動時に読み込ませるために起動スクリプト(lin_tape)を有効にさせます

[root@x ~]# /etc/init.d/lin_tape start
[root@x ~]# ls -l /dev/IBM*
crw-rw---- 1 root root 241, 3069 Apr 20 10:19 /dev/IBMSpecial
crw-rw---- 1 root root 241,    0 Apr 20 10:19 /dev/IBMtape0
crw-rw---- 1 root root 241, 1024 Apr 20 10:19 /dev/IBMtape0n
[root@x ~]#
[root@x ~]# chkconfig --list lin_tape
lin_tape        0:off   1:off   2:on    3:on    4:off   5:on    6:off
[root@x ~]#

LTFS向けツールのインストール

入手した「ltfssde-2.2.2.0-9802-RHEL6.x86_64.rpm」をそのままインストールします

[root@x ~]# yum localinstall ltfssde-2.2.2.0-9802-RHEL6.x86_64.rpm

この中にLTOテープをLTFSにフォーマットする mkltfs やmount操作の ltfs コマンドが入っている

LTOテープをLTFSへ

ドライブにLTOテープを差し込んで、LTFS向けのファイルシステムを構築する

[root@em00 ~]# mkltfs -d /dev/IBMtape0
LTFS15000I Starting mkltfs, LTFS version 2.2.2.0 (9802), log level 2
LTFS15041I Launched by "mkltfs -d /dev/IBMtape0"
LTFS15042I This binary is built for Linux (x86_64)
LTFS15043I GCC version is 4.4.6 20110731 (Red Hat 4.4.6-3)
LTFS17087I Kernel version: Linux version 2.6.32-696.el6.x86_64 (mockbuild@c1bm.rdu2.centos.org)(略
LTFS17089I Distribution: CentOS release 6.9 (Final)
LTFS17089I Distribution: LSB_VERSION=base-4.0-amd64:base-4.0-noarch:core-4.0-amd64:(略
LTFS17089I Distribution: CentOS release 6.9 (Final)
LTFS17089I Distribution: CentOS release 6.9 (Final)
LTFS15003I Formatting device '/dev/IBMtape0'
LTFS15004I LTFS volume blocksize: 524288
LTFS15005I Index partition placement policy: None
 
LTFS17085I Plugin: Loading "ibmtape" driver
LTFS12165I lin_tape version is 3.0.18
LTFS12158I Opening a device through ibmtape driver (/dev/IBMtape0)
LTFS12118I Drive identification is 'ULTRIUM-HH6     '
LTFS12162I Vendor ID is IBM
LTFS12159I Firmware revision is D8E5
LTFS12160I Drive serial is (略
LTFS17160I Maximum device block size is 1048576
LTFS17157I Changing the drive setting to write-anywhere mode
LTFS15049I Checking the medium (mount)
LTFS12207I Logical block protection is disabled
LTFS15010I Creating data partition b on SCSI partition 1
LTFS15011I Creating index partition a on SCSI partition 0
LTFS17165I Resetting the medium's capacity proportion
LTFS11097I Partitioning the medium
LTFS11100I Writing label to partition b
LTFS11278I Writing index to partition b
LTFS17235I Writing index of        to b (Reason: Format, 0 files) 1068024350
LTFS17243W Failed to release the advisory lock (9)
LTFS17236I Wrote index of
LTFS11100I Writing label to partition a
LTFS11278I Writing index to partition a
LTFS17235I Writing index of        to a (Reason: Format, 0 files) 1068024350
LTFS17243W Failed to release the advisory lock (9)
LTFS17236I Wrote index of
LTFS15013I Volume UUID is: 0df05603-b438-448e-892b-d0e4cf3fbb23
 
LTFS15019I Volume capacity is 2408 GB
LTFS12207I Logical block protection is disabled
LTFS15024I Medium formatted successfully
[root@em00 ~]# firefox

LTFSをシステムにmount

次に、このファイルシステムをシステムにマウントします。
ここではマウントポイントを/LTFSとしてます。

[root@x ~]# mkdir /LTFS
 
[root@x ~]# ltfs /LTFS -o devname=/dev/IBMtape0
1322 LTFS14000I LTFS starting, LTFS version 2.2.2.0 (9802), log level 2
1322 LTFS14058I LTFS Format Specification version 2.2.0
1322 LTFS14104I Launched by "ltfs /LTFS -o devname=/dev/IBMtape0"
1322 LTFS14105I This binary is built for Linux (x86_64)
1322 LTFS14106I GCC version is 4.4.6 20110731 (Red Hat 4.4.6-3)
1322 LTFS17087I Kernel version: Linux version 2.6.32-696.el6.x86_64 (mockbuild@c1bm.rdu2.centos.org)(略
1322 LTFS17089I Distribution: CentOS release 6.9 (Final)
1322 LTFS17089I Distribution: LSB_VERSION=base-4.0-amd64:base-4.0-noarch:core-4.0-amd64:(略
1322 LTFS17089I Distribution: CentOS release 6.9 (Final)
1322 LTFS17089I Distribution: CentOS release 6.9 (Final)
1322 LTFS14063I Sync type is "time", Sync time is 300 sec
1322 LTFS17085I Plugin: Loading "ibmtape" driver
1322 LTFS17085I Plugin: Loading "unified" iosched
1322 LTFS14095I Set the tape device write-anywhere mode to avoid cartridge ejection
1322 LTFS12165I lin_tape version is 3.0.18
1322 LTFS12158I Opening a device through ibmtape driver (/dev/IBMtape0)
1322 LTFS12118I Drive identification is 'ULTRIUM-HH6     '
1322 LTFS12162I Vendor ID is IBM
1322 LTFS12159I Firmware revision is D8E5
1322 LTFS12160I Drive serial is (略
1322 LTFS17160I Maximum device block size is 1048576
1322 LTFS17157I Changing the drive setting to write-anywhere mode
1322 LTFS11005I Mounting the volume
1322 LTFS12207I Logical block protection is disabled
1322 LTFS17227I Tape attribute: Vendor = IBM
1322 LTFS17227I Tape attribute: Application Name = LTFS
1322 LTFS17227I Tape attribute: Application Version = 2.2.2.0
1322 LTFS17227I Tape attribute: Medium Label =
1322 LTFS17228I Tape attribute: Text Localization ID = 0x81
1322 LTFS17227I Tape attribute: Barcode =
1322 LTFS17227I Tape attribute: Application Format Version = 2.2.0
1322 LTFS14111I Initial setup completed successfully
1322 LTFS14112I Invoke 'mount' command to check the result of final setup
1322 LTFS14113I Specified mount point is listed if succeeded
[root@x ~]#

っで完了。

一般ユーザがフォーマット・マウントするには

特定ユーザにsudo権限を与えれば、rootと同じような操作が可能である。
方法は/etc/sudoersの末尾に下記を追加する。

%crystal ALL=(root) NOPASSWD: /usr/local/bin/ltfs , /bin/umount, /bin/mount

* %crystalは、crystalグループに所属している方限定を意味する。NOPASSWD
指定すると、自身のパスワードを問わずに実行します。

他に、sudoを使わずにだれでも使えるようにするには、デバイスドライバの権限を緩めます。
*単純にchmod 0666 /dev/IBMtape0 とせず、udev経由で調整しましょう。

[root@x ~]# vi /etc/udev/rules.d/98-lin_tape.rules
KERNEL=="IBMtape*[!n]", NAME="%k", MODE="0666"
KERNEL=="IBMtape*n", NAME="%k", MODE="0666"
[root@x ~]#
[root@x ~]# /etc/init.d/udev-post reload
[root@x ~]#
[root@x ~]# rmmod lin_tape
[root@x ~]# modprobe lin_tape
[root@x ~]#
[root@x ~]# ls -l /dev/IBMtape0*
crw-rw-rw- 1 root root 246,    0  2月 27 14:17 2014 /dev/IBMtape0
crw-rw-rw- 1 root root 246, 1024  2月 27 14:17 2014 /dev/IBMtape0n
[root@x ~]#
[root@x ~]# chmod +x /bin/fusermount

これで、各ユーザでLTOテープのLTFSフォーマットやLTFSマウント操作ができる。。。っがunmount操作がこれでは駄目。
やっぱりsudoを使って、ユーザ限定の方がいいのかも。

クラッシュ発生時

データコピー中にLTFS以外の問題でマシンがクラッシュした。
再起動後に、ltfsコマンドでマウントを試みたがltfsckで確認せよと命じられた。

[root@x ~]# sudo /usr/local/bin/ltfsck /dev/IBMtape0

として修正を施す

扱えないファイル

どうも「:」を含むファイルはLTFSにコピーできないみたい。
例えばファイル名が Aug__2_14:07:24_2013.pdbなんてだと「無効な引数です」ということで弾かれる。
**主にcootでモデリングしている際に発生するログファイルがそれです
この場合、tarでまとめて一つのファイルにしてLTFSに置いたほうがいいのかも。

windows

上記はすべてLinuxでの利用を前提として書いてます。っが、やっぱりwindowsの方がめちゃくちゃ楽です。
当初Linuxで提供してましたが、結局windowsに載せ替えになってしまった。。。。
「IBM LTFS Single Drive Edition Version 1.3.0.2 for Windows」を取得します。
っで、これをインストール。
「LTFS Configuration」を実行して調整すれば使える。エクスプローラーにLTOドライブが表示され
LTOテープを挿入して、ドライブのアイコンを選択して右クリックからformatを選び、フォーマットすれば即座に使えます。
Linuxのようなマウント操作は不要。まあー一度なれるとこちらのほうが楽。


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-20 (木) 11:38:06 (37d)