各種無料で使えるオンラインストレージが沢山ある。
当然セキュアで安心して使えるものばかりであろう。
でも「自社で用意したい」とか「他に預けられない」とかの要望も当然あり得る。

その場合候補としてこの「ownCloud」がある https://owncloud.org/

自分とこの回線で用意できて、バックアップも当然自らが行う。
多少コストがあげっても自分の責任で押し通す姿勢はある意味宜しいかと。
他社に任せて安価に利用できるの時代に、なぜ?と思われるがこっちを選ぶ方々も多い

ここでは ownCloud 10.0.2 を取り上げます

ownCloud/8.0

構築

[root@c ~]# cd /opt/src/
[root@c src]# curl -O  https://download.owncloud.org/community/owncloud-10.0.2.tar.bz2
[root@c src]# cd /var/www
 
[root@c www]# bzip2 -cd /opt/src/owncloud-10.0.2.tar.bz2 | tar xf -
[root@c www]# chown -R apache:apache ./owncloud/

これで /var/www/owncloud が用意された。この場所がowncloudの起点となる。
次にデータ格納場所(アップロードしたファイルの置き場所)として、/var/lib/owncloud を用意する

[root@c ~]# mkdir  /var/lib/owncloud
[root@c ~]# chown apache:apache /var/lib/owncloud

そしてapache httpdの設定を施す。

[root@c ~]# cat  << _EOF_ >/etc/httpd/conf.d/owncloud.conf
Alias /owncloud /var/www/owncloud
<Directory "/var/www/owncloud">
  Options -Indexes
  AllowOverride All
  Require ip 192.168.0.0/24
  Require all denied
</Directory>
_EOF_
[root@c ~]#
[root@c ~]# apachectl configtest
[root@c ~]# systemctl reload httpd

初回はローカル(192.168.0.x)でのアクセスにしてテストを実施。その後に公開かな。
っでサイトにアクセスすると

This version of ownCloud requires at least PHP 5.6.0
You are currently running 5.4.16. Please update your PHP version.

と表記される。だめっぽい。っでphp#d32ce3f5もしくは php#j5dc4a56 とかでphp-5.6を有効にさせた。
そうしてアクセスすると、下記のような画面が現れる
2017y05m16d_175831149.png

初期設定

管理者アカウントを作成する。
2017y05m16d_182307462.png
次に、「ストレージとデータベース」リンクを押下して、入力欄を表示させる。
ストレージ欄は、先ほど作った「/var/lib/owncloud」とします。
2017y05m16d_182801225.png

データベースは少人数なら既定の「SQLite」で宜しいかと思います。ここではpostgresqlを使いました

[root@c ~]# yum install postgresql postgresql-server postgresql-contrib
[root@c ~]# postgresql-setup initdb
[root@c ~]# systemctl enable postgresql && systemctl start postgresql
[root@c ~]# su - postgres -c 'createuser --no-createdb --no-createrole --no-superuser --pwprompt owncloud'
新しいロールのためのパスワード:
もう一度入力してください:
 
[root@c ~]# su - postgres -c 'createdb --encoding=UTF8  --owner=owncloud ownCloud'
 
[root@c ~]# su - postgres -c 'psql -l'
                                         データベース一覧
   名前    |  所有者  | エンコーディング |  照合順序   | Ctype(変換演算子) |      アクセス権
-----------+----------+------------------+-------------+-------------------+-----------------------
 ownCloud  | owncloud | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       |
 :
[root@c ~]#

その後、作ったowncloudユーザでpostgresqlへ「パスワード」接続するためにpg_hba.confを書き換える

  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
[root@c ~]# diff -u /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf.orig /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
--- /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf.orig        2017-06-25 14:23:00.128674195 +0900
+++ /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf     2017-06-25 14:23:05.257595457 +0900
@@ -79,7 +79,7 @@
 # "local" is for Unix domain socket connections only
 local   all             all                                     peer
 # IPv4 local connections:
-host    all             all             127.0.0.1/32            ident
+host    all             all             127.0.0.1/32            password
 # IPv6 local connections:
 host    all             all             ::1/128                 ident
 # Allow replication connections from localhost, by a user with the
[root@c ~]#
[root@c ~]# systemctl restart postgresql

そして、/etc/hostsも修正します。既定でlocalhostは、ipv4にもipv6も同じく扱うのでipv6のエントリーを無効にします

[root@c ~]# cat /etc/hosts
127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
#::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6
 
[root@c ~]#

テストを実施します

[root@c ~]# psql -d ownCloud -U owncloud -h localhost
ユーザ owncloud のパスワード:
psql (9.2.18)
"help" でヘルプを表示します.
 
ownCloud=> \q
[root@c ~]#

大丈夫みたい。
その後、用意したpostgresqlの諸設定を反映させます
2017y05m16d_183308775.png
*「localhost」の部分は/etc/hostsに依存するので「localhost4」でも構わない。その際/etc/hostsからipv6部分の無効化は不要
そうして、「セットアップを完了します」リンクをクリックする。
何もエラーが発生しなければ、ログイン画面が表示され、そこから管理者でログインを行う
あとはユーザ作成を行って、アカウント配布して完了

ownCloud 側でPC向けの同期フォルダ作成ツールとかが提供されている。また、モバイル対応もされていて
写真を撮って即座に転送っていうのも可能みたい。ただモバイルアプリは有料っぽい


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-25 (日) 15:07:16 (32d)