過去記事 10Gbe/MNPA19-XTR

Aquantia AQC107搭載の10Gbeを2台のLinuxPC(CentOS7.4)に搭載した. ハードウエア的には

[root@e ~]# lspci -vv
 :
01:00.0 Ethernet controller: Device 1d6a:d107 (rev 02)
 :
                LnkCap: Port #0, Speed 8GT/s, Width x4, ASPM L0s L1, Exit Latency L0s unlimited, L1 unlimited
 :
                LnkSta: Speed 8GT/s, Width x4, TrErr- Train- SlotClk+ DLActive- BWMgmt- ABWMgmt-
 :
        Kernel modules: atlantic
 :
[root@e ~]#

とデバイス側の接続要件 LnkCap が「Speed 8GT/s, Width x4,」で実際の接続 LnkSta でも「Speed 8GT/s, Width x4,」となっていた。

iperf3で通信テスト

使用するiperf3は下記のようにして双方にインストール

[root@e ~]# yum -y install epel-release && yum -y install iperf3 iftop

片方をサーバと見立て、

[root@e ~]# iperf3 -s -B 192.168.1.1

としてもう片方となるマシンで下記を実行した

[root@localhost ~]# iperf3  -c 192.168.1.1
Connecting to host 192.168.1.1, port 5201
[  4] local 192.168.1.128 port 58298 connected to 192.168.1.1 port 5201
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth       Retr  Cwnd
[  4]   0.00-1.00   sec   434 MBytes  3.64 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   1.00-2.00   sec   399 MBytes  3.34 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   2.00-3.00   sec   401 MBytes  3.37 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   3.00-4.00   sec   401 MBytes  3.37 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   4.00-5.00   sec   400 MBytes  3.36 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   5.00-6.00   sec   400 MBytes  3.36 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   6.00-7.00   sec   400 MBytes  3.36 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   7.00-8.00   sec   399 MBytes  3.34 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   8.00-9.00   sec   400 MBytes  3.36 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
[  4]   9.00-10.00  sec   400 MBytes  3.36 Gbits/sec    0   1.85 MBytes
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth       Retr
[  4]   0.00-10.00  sec  3.94 GBytes  3.38 Gbits/sec    0             sender
[  4]   0.00-10.00  sec  3.94 GBytes  3.38 Gbits/sec                  receiver
 
iperf Done.
[root@localhost ~]#

初回実行時には 10Gbits/sec に近い値を出すものの、続く二回目以降は上記の値となる。
手軽にスピードアップは図られるけど、謳い文句には程遠い。

またCentOS7.4に同封された atlantic.ko(1.5.345.0) ドライバーは kworker の高負荷を生むのか実際のファイル転送で 1Gbps ほどに落ちた.
別途拾った 1.6.7.0 のドライバーでファイル転送が 3Gbps ほどまで回復した.
*公式サイトではないですが、ここから取得した https://github.com/paul-chambers/aquantia

米国amazonのレビューを読むと Ubuntu 17.10(kernel-4.13) では常時 10Gbps ほどで動くみたい.
kernel-4.13 には atlantic.ko(1.5.345.0) が同封されているのに...同じなのになぜ...
https://elixir.bootlin.com/linux/v4.13/source/drivers/net/ethernet/aquantia/atlantic/ver.h

kernel-4.15は atlantic.ko(1.6.13.0) が採用され、kernel-4.16は atlantic.ko(2.0.2.0) が用意されるみたい。
aquantiaのサイトでは 2.0.0.0 が置かれている. こちらでテストしてみるのもいいかも


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-27 (火) 22:14:58 (294d)