研究室での情報共有。っという言葉があると具体的に何を共有すべきなのか。
試薬なり、書籍なり、実験の計画やら結果やら生データから報告書のレベルまで多種多様にあり得る。
複数年で研究を進めているのなら過去にどんな道を進んで結果として何を得たのか。
単なる紙ベース、言い伝えレベルでは探すにも思い出させるのも辛いものと考える。

Content Management System

を導入して、研究者が何を目的にどんな結果を得たのかを電子的に残せば、後の検証に十分なのは想像に難くない。
「壱から全部作る」のも宜しいでしょう。ですが、ユーザ認証、表示編集権限、監査証跡、グラフ化、資料版管理とかとなると厳しい。
JQuery・dhtmlxらのライブラリーを使って「壱からの」開始を嵩上げしても難しいかと。
そうなるとContent Management Systemらのパッケージの出番。っが、自由度が....表示が気に食わない....思ったことができない...などの不平は付き物。

Content Management System
の括りでいいのかも知れないが、SharePointはなかなかのもの。Excel表は取りこめれるし、報告書の版管理もできる。
加え、ReportingServiceを使えばデータ可視化も可能。だが有償。便利だけど有償。

ここでは
Content Management System
を考えてみた。
「ブログ」と「wiki」
共にコンテンツを公開するには構わない。片方は時間軸に重きを置き、片方はコンテンツの整理に重きが置ける。
両方相容れる方向もあるが、一覧リスト、資料版管理、チームアクセス制限、認証、監査証跡、署名などができるか調べてみる。

XOOPS Cube Legacy

WordPress


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-19 (木) 13:35:51 (1189d)