CentOS/XDMCPにて
2018y07m15d_160007145.png
な感じでXDMCPにてアクセスできていたのだが、
cudaライブラリをインストールしたらxdmcp接続が出来なくなった
2018y07m15d_135147236.png

cuda環境であってもXDMCPを使えるようにしてみた。

ディスプレイマネージャを変更する

既定のディスプレイマネージャであるGDMを停止して、代わりに lightdm を採用します。
まずGDMを停止させて

[root@s ~]# systemctl stop gdm.service
[root@s ~]# systemctl disable gdm.service

lightdmをインストールします。その際、XDMCPを有効にします。

[root@s ~]# yum install lightdm
 
[root@s ~]# vi /etc/lightdm/lightdm.conf
 :
[XDMCPServer]
enabled=true
 :
[root@s ~]# systemctl start lightdm.service
[root@s ~]# systemctl enable lightdm.service

これでディスプレイマネージャの設定は終了

ディスクトップ環境を変更する

既存のGNOMEディスクトップ環境に加えてXfceディスクトップ環境をインストールします
他に KDE 環境でも可

[root@s ~]# yum groupinstall Xfce
[root@s ~]#

xorg.confを修正する

一応、cudaのインストールで作られた「/etc/X11/xorg.conf」の中身は下記になります

[root@s ~]# cat /etc/X11/xorg.conf
# RPM Fusion - nvidia-xorg.conf
#
Section "Device"
        Identifier  "Videocard0"
        Driver      "nvidia"
EndSection
[root@s ~]#

ほんとこれだけ。
っでnvidiaのカードからモニターに接続して使う分にはこれでいいのでしょうけど、
XDMCP経由で使う場合は、これだと無理みたい。
cudaもXDMCPも使いたいとなれば、このxorg.confを変更します。

[root@s ~]# X -configure
[root@s ~]#

にて新規な設定ファイルが「/root/xorg.conf.new」に作成される。
*「X -configure」はXが使用されていない場合に実行可能です。もし「graphical.target」モードなら一旦「multi-user」に変更してから実行します。「systemctl isolate multi-user.target」。ただしXでログインされている方は強制ログアウトになります。ssh経由には影響ありません

これをcudaで作成された「/etc/X11/xorg.conf」に差し替えて再起動

[root@s ~]# mv /etc/X11/xorg.conf /etc/X11/xorg.conf.cuda
[root@s ~]# cp /root/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf
 
[root@s ~]# reboot

接続

ログインする際、「Xfce」を選びます。
するとcudaもXDMCPも有効な環境になる。
2018y07m15d_165041585.png

留意

一般的なPCの場合です。グラフィックス機能の無いCPUではどうなるかは分かりません。
あとipmiでビデオ機能を有している板でどうなるかも分かりません。

オンボードビデオに繋げたモニターも問題なく表示します。加えてGNOME環境もOKでした。

nvidiaのカード経由でモニターを繋げた場合は試してないです。
nvidiaで描画をスピードアップさせて、cudaもできて、XDMCPもできるようなテストはしてません。
単純にnvidiaのカードをcuda計算エンジンとして利用して、加えてXDMCPを有効にする場合のお話です。


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-18 (水) 00:10:39 (123d)