DarwinCalenderServer

久々にトライ。OSはCentOS6.x
まずDarwinCalenderServerを動かすユーザ(dsc)を作ります

# useradd dsc

その後、そのユーザになって、DarwinCalenderServerを取得、コンパイルを行います

# su - dsc
$ mkdir source; cd source
$ svn checkout http://svn.macosforge.org/repository/calendarserver/CalendarServer/trunk CalendarServer

CentOS6.xでpython-2.6なので下記のようなpython-2.7のインストールはしません。

下記古い内容です。

Appleさんが出しているカレンダーサーバ。
気軽に個人用のカレンダーサーバを立てるとのこと。
googleカレンダーのサーバが自宅にあるようなもの。
同様のものにCharenderなるものがあるけど、、、重かった。

っで、centos5.5にインストール。
csv管理的なsvn(yum install subversion)を使います。
まず稼働アカウントを用意、dcsを作成(groupadd dsc; useradd dsc)。

mkdir ~/soft; cd ~/soft
svn checkout http://svn.macosforge.org/repository/calendarserver/CalendarServer/trunk CalendarServer

で取得。っで、こいつはpython2.5以上を所望のようなので、別途python2.7をインストール(rootで作業)。

wget http://www.python.org/ftp/python/2.7/Python-2.7.tar.bz2
bzip2 -cd Python-2.7.tar.bz2 | tar xf -
cd Python-2.7; ./configure --disable-ipv6; make; make test
make install

ここで、ファイルシステムのmountに下記の拡張子を入れます。

rw,suid,dev,exec,auto,nouser,async,user_xattr

っで、またユーザdcsに戻って、

cd CalendarServer
./run -s

途中、関連ソフトを自動的にダウンロードして、展開、コンパイルしている。
っが、setuptoolsが入ってないみたい。ユーザdcsに権限がないからみたい。なのでまた
rootに戻って、

wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
python ez_setup.py

としてsetuptoolsをインストール。これでいいのかさっぱり。
で、ユーザdcsに戻って、再度

./run -s

を実行。
次に、設定ファイルの調整。

cp ./conf/caldavd-test.plist ./conf/caldavd-dev.plist

として、この./conf/caldavd-dev.plistをいじる。

最新の60件
2024-02-23 2024-02-22 2024-02-21 2024-02-20 2024-02-19 2024-02-18 2024-02-17 2024-02-16 2024-02-13 2024-02-12 2024-02-09 2024-02-04 2024-02-03 2024-01-31 2024-01-30 2024-01-29 2024-01-28 2024-01-22 2024-01-16 2024-01-15 2024-01-13 2024-01-12 2024-01-09 2024-01-08 2024-01-07 2024-01-03 2023-12-22 2023-12-17 2023-12-16 2023-12-11 2023-12-09 2023-12-06 2023-11-30 2023-11-27 2023-11-21 2023-11-19 2023-11-18 2023-11-14 2023-11-10 2023-11-09 2023-11-05 2023-11-03 2023-10-30 2023-10-26

edit


トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-06 (木) 01:09:02