SourceTreeで既存のコンテンツを管理下にさせる。そして、リモートリポジトリとしてGitBucketを適用してみる。
これが正しいのかは良く分からないのだが、メモとして。

GitBucketにプロジェクト作成

GitBucketにログインして、右側のプルダウンから「New repository」を選ぶ
2017y10m18d_192815140.png

「Create a new repository」画面にて、リポジトリの場所と説明を記入して、画面下の「Create repository」を押下する
2017y10m18d_193233549.png
そのほかにも作ったリポジトリを公開するか、非公開にするかも選びます

完了すると下記のような画面になります。「via HTTP」にリポジトリのURLが記載されております。
また下記画面スナップショットの下にもリポジトリのURLは記載されております。
2017y10m18d_201029788.png

これでGitBucketの準備はOK。
次にSourceTree側で、既存コンテンツを管理下にさせる

SourceTree

既存のコンテンツをSourceTreeに登録します。

SourceTree を起動させ、上部メニューから「ファイル」「新規/クローンを作成する..」を選びます。
そして、下段メニューから「Create」を選びます。
2017y10m18d_194420802.png

すると「Create a repository」画面になり、SourceTreeにコード管理を依頼したいフォルダを指定して、
その名称を指定します。管理コマンド系は自動的に「Git」になりました。
2017y10m18d_194727918.png
ここでは、ネットワークドライブ(smb共有)を使って、webサイトを w:\ドライブに割り当てている
各自のテスト環境/構築環境を指定して、本番マシンはGitBucketからのzip展開かgit pullで適用させる

これで「作成」ボタンを押下すると、エラーメッセージが表示される。
2017y10m18d_194918615.png
既にコンテンツがあるフォルダなので「YES」ボタンを押下します。
*もし指定したフォルダへのアクセス権が無ければ下記のようなエラーメッセージが表示されます
2017y10m18d_195026643.png

エラーが無ければ、指定したフォルダはSourceTreeの管理下に置かれます。
この段階でSourceTreeアプリ内で無視ファイルの指定やら、コミットが行える。

そして、リモートリポジトリを登録する。

リモートリポジトリの登録

SourceTreeのメニューから「リポジトリ」「リポジトリ設定」を選びます
2017y10m18d_200021556.png

「リポジトリ設定」の画面が表示されます。ここで、画面下側にある「追加」ボタンを押下します。
2017y10m18d_200159561.png

「リモートの詳細設定」画面が表示されます。
リモート名は、「デフォルトリモート」にチェックを付けて「origin」にさせます。
URL/パス欄は、GitBucketで作ったリポジトリのURLを指定します。そして「OK」ボタンを押下します。
2017y10m18d_200537100.png

「リポジトリ設定」の画面に戻って、指定したURLがパスに存在します。「OK」ボタンを押下します
2017y10m18d_201841751.png

これで設定は完了です。
以後、コミットを行えば、リモートリポジトリにも反映されます。

SourceTree メモ

最新のSourceTreeをインストールするには、Atlassian のアカウントを用意する必要がある。
以前はなくても使えたのですが、最新のは必要とするようです。そしてその「以前の」は入手不可でした...


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-22 (木) 14:21:00 (32d)