High Availability(高可用性)
片方のサーバが都合により停止になっても他のサーバが引き継ぎサービスを提供し続ける機構

昔windowsServerにてwindowsServer/wsfcを組んでみた. こんな感じなもの.

ここではShared NothingとShared diskとでNFSサービスをターゲットとしてHAを組んでみる.

参照先https://linux-ha.osdn.jp/wp/

構成

VMware esxiで作ってます.

マシン名IPアドレスOSsystem driveshared drive
ha01192.168.0.100
(10.10.10.1)
CentOS7.78GB100GB
ha02192.168.0.101
(10.10.10.2)
8GB

*余談: ホスト名へのアンダーバー(_)はRFC952で不許可であるが、OSによっては許容されている

Shared disk

参照VMware/shared

構築

grouplist から「High Availability」をインストールします.
「High Availability」をインストールすると pacemaker とその関連のものらが同時にインストールされます.

[root@ha01 ~]# yum grouplist hidden | less           <--- grouplist を全て見る
 :
Available Environment Groups:
 :
Available Groups:
 :
   High Availability
 :
Done
[root@ha01 ~]#
 
[root@ha01 ~]# yum groupinfo  "High Availability"    <--- grouplist「High Availability」の中身を確認
Loaded plugins: fastestmirror
There is no installed groups file.
Maybe run: yum groups mark convert (see man yum)
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
 
Group: High Availability
 Group-Id: ha
 Description: Infrastructure for highly available services and/or shared storage.
 Mandatory Packages:
    pacemaker
 Default Packages:
   +fence-agents-aliyun
   +fence-agents-all
   +fence-agents-aws
   +fence-agents-azure-arm
   +fence-agents-gce
   +omping
   +pacemaker-doc
   +pcs
 Optional Packages:
   awscli
   booth-arbitrator
   booth-site
   resource-agents-aliyun
   sbd
[root@ha01 ~]# yum groupinstall "High Availability"

これで
pacemaker-1.1.21 障害を検知して冗長系をupさせたりする
corosync-2.4.5 マシン相互の死活監視を行います
pcs-0.9.168
fence-agents-4.2.1
らがインストールされる


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-28 (木) 20:08:43 (1d)