ログインアカウントのパスワード変更

初期アカウントtの「hinemos」のパスワードを変更します。
「ビュー」->「アカウント」->「アカウント[ユーザ]」を開いて
2019y11m04d_003406238.png
表示された「アカウント[ユーザ]」にて、「ユーザID」が「hinemos」を選択して、画面上部の鍵マークをクリックします。
2019y11m04d_003557862.png
パスワード変更画面に移ります。ここで[hinemos]ユーザのパスワードを入力して[ok]ボタンを押下します。
2019y11m04d_003835382.png
直後に、パスワード変更が成功したとのダイアログが表示される。
2019y11m04d_003845406.png
[OK]ボタンを押下すると、パスワードが変更されたので、再度のログインが求められる。
2019y11m04d_003859566.png
ここで[OK]ボタンを押下して、ログイン画面に移れば嬉しいのだが、そうなってなく、自分でリロードが必要みたい。

監視対象の追加

ログイン直後の画面にもあるように監視対象を追加してみる。下図の丸く囲った部分を押下します。
2019y11m04d_010645442.png

すると、下記のような3ペイン画面になる。
2019y11m04d_013714608.png

ここで、左上の「リポジトリ[ノード]」にて、「+」ボタンを押下します。
2019y11m04d_013846784.png

すると新しい画面、監視対象を登録する画面が現れる。ここで、監視対象のIPアドレスを「デバイスサーチ」の「IPアドレス」に
入力して、「Search」ボタンを押下します。
*「/etc/snmp/snmpd.conf」のコミュニティ名が既定のpublic以外ならそれも入力します
2019y11m04d_014231663.png

するとnet-snmpを経由して「ファシリティID」とかプラットホーム情報らが自動的に入力されます。
そして、画面下部の「登録」ボタンを押下して、ノードの登録を終えます。
これを監視対象の数だけ行う

メモ

CPUリソースの監視で判定値の%は、全てのcoreから見ての値. 2coreなマシンで1つのcoreを占有してたらそれは50%.

SMTP設定

メールで状況を通知するには SMTP 設定が必要
[メンテナンス]->メンテナンス[Hinemosプロパティ]から

mail.from.personal.name届けられるメールの差出人chaperone Hinemos
mail.from.address届けられるメールの差出人(メールアドレス)hinemos-admin@chaperone.jp
mail.reply.personal.name届いたメールを返信する際の宛先名chaperone Hinemos管理者
mail.reply.to.address届いたメールを返信する際に使われるメールアドレスhinemos-admin@chaperone.jp
mail.smtp.authSMTP Auth経由でHimenosからメールを送信するかTRUE
mail.smtp.hostSMTPサーバsmtp.gmail.com
mail.smtp.portSMTPサーバのport番号25とか465とか587とか
mail.smtp.starttl.enableSMTPサーバでの接続の保護形式は?なし、SSL/TLS、STARTTLS
mail.transport.userSMTP認証に使うユーザ名
mail.transport.passwodSMTP認証に使うパスワード

2021y04m10d_023547135.png
*パスワードが生のまま平文で登録される. アスタリスクとかで伏せてほしいのだが...

メール通知設定

まず、メールのテンプレートを作る
[監視設定]->監視設定[メールテンプレート]から「+」ボタンを押下して、現れた「メールテンプレート[作成・変更]」にて

メールテンプレートIDMAIL-PING
説明PING不達時のメール
件名[Hinemos] PING不達発生 #[FACILITY_ID]
本文Hinemosからのお知らせ

下記ノードでPING応答してないです
ノード:#[FACILITY_ID]
時刻 :#[GENERATION_DATE]

次に、このテンプレートの発動条件を作る
[監視設定]->監視設定[通知]から「+」ボタンを押下して、現れた「通知種別」から「メール通知」を選び次を押下。
そして現れた「通知(メール[作成・変更]」パネルにて

通知IDmail-ping
同じ重要度の監視結果が??回以上連続した場合に初めて通知する1
重要度変化後の二回目以降の通知通知しない
メールテンプレートIDMAIL-PING
重要度危険のみチェックして、メールアドレスは伝えたい宛先を記載
この設定を有効にするチェック

最後に監視設定を作る
[監視設定]->監視設定[一覧]から「+」ボタンを押下して、現れた「監視種別」から「PING監視(数値)」を選択して押下。
そして現れた「ping[作成・変更]」パネルにて

監視項目IDPING-CRYOEM
スコープOS別スコープ>Linux
間隔1分
通知「EVENT_FOR_POLLING」「STATUS_FOR_POLLING」「mail-ping」
アプリケーションCRYOEM用PING監視

とします。

これでHimenosマネージャからのPING応答がないノードがメール通知されます。メール通知は1回のみで何回もメール送信はされません。また復旧したら回復のメールなどは届きません。PINGが届かなかった時のみメールが1回発行されるのみです


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-10 (土) 03:03:10 (26d)