管理コンソールとしてブラウザを使用するならこの「Hinemos Webクライアント」を用意する必要がる。

名称が「Hinemos Webクライアント」なのだが、管理用webサーバとなる. hinemosマネージャに対してのクライアントの意味かな.

ブラウザを使ったwebベースの管理の他に、windowsアプリで管理が可能な「Hinemosリッチクライアント」がある

インストール

こちらも java-sdk が必要みたい.

[root@hinemos-web ~]# yum install java-1.8.0-openjdk

そして「Hinemos Webクライアント」パッケージを入手します

[root@hinemos-web ~]# wget https://github.com/hinemos/hinemos/releases/download/v6.2.2/hinemos-6.2-web-6.2.2-1.el7.x86_64.rpm
 
[root@hinemos-web ~]# yum localinstall hinemos-6.2-web-6.2.2-1.el7.x86_64.rpm
 :
Please disable SELinux.
 :
[root@hinemos-web ~]#

と「Please disable SELinux.」と言われる. なのでSELinuxを無効にしてインストールする必要があります

設定

主にfirewall関係. webサービスなので 80 と 443 を空ける. この辺は http と https の定義があるのでそれを使う

[root@hinemos-web ~]# firewall-cmd --zone=public --add-service=http --add-service=https --permanent
[root@hinemos-web ~]# firewall-cmd --reload
[root@hinemos-web ~]# firewall-cmd --list-all
public (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: ens192
  sources:
  services: dhcpv6-client http https ssh
  ports:
  protocols:
  masquerade: no
  forward-ports:
  source-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:
 
[root@hinemos-web ~]#

起動

単純に

[root@hinemos-web ~]# systemctl start hinemos_web
(確認)
[root@hinemos-web ~]# systemctl status hinemos_web

ログイン

Hinemosのwebサービスにログインします
ここでは「Hinemos Webクライアント」を「hinemos-web」にインストールして、サービスを開始しました

他のwindowsPC/macとかでこのwebサービスにアクセスします。
ブラウザを立ち上げて、指定するURLは「http://hinemos-web/」です。

接続すると下記のようなログイン画面が表示されます
2021y03m28d_050310527.png
UserIDは「hinemos」、Passwordは「hinemos」(初期パスワード)
ManagerURLは、ここでは「http://hinemos-mgr:8080/HinemosWS/」とします。
それで「Login」を押下します。

パスワードが会っていれば、下記のメッセージが表示され「OK」ボタンを押下します.
2021y03m28d_050322799.png

すると管理画面に辿り着きます
2021y03m28d_050342278.png

メモ

いきなり英語表記なので、日本語表記へ変更するには「/opt/hinemos_web/hinemos_web.cfg」を修正して

--- /opt/hinemos_web/hinemos_web.cfg.orig       2021-03-28 05:17:36.463350645 +0900
+++ /opt/hinemos_web/hinemos_web.cfg    2021-03-28 05:17:23.024258172 +0900
@@ -23,7 +23,7 @@
 export CATALINA_PID=${HINEMOS_WEB_HOME}/var/run/tomcat.pid
 
 ### Environment Attributes
-export LANG=en_US.UTF-8
+export LANG=ja_JP.UTF-8
 export PATH=/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:${PATH}
 export PATH=${HINEMOS_WEB_HOME}/bin:${TOMCAT_HOME}/bin:${PATH}

サービスを再起動させます

[root@hinemos-web ~]# systemctl restart hinemos_web.service

これでメニューもすべて日本語表記になる

アクセスポート番号を変更するなら

--- /opt/hinemos_web/conf/server.xml.orig       2021-03-30 02:54:54.372990723 +0900
+++ /opt/hinemos_web/conf/server.xml    2021-03-30 02:54:37.549619638 +0900
@@ -65,7 +65,7 @@
          APR (HTTP/AJP) Connector: /docs/apr.html
          Define a non-SSL HTTP/1.1 Connector on port 8080
     -->
-    <Connector port="80" protocol="HTTP/1.1"
+    <Connector port="8888" protocol="HTTP/1.1"
                connectionTimeout="20000"
                redirectPort="443"
                maxThreads="32"

で変更できる
*8080は使ってはダメみたい. 既にhinemos関係で使われているので.


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-30 (火) 03:16:14 (37d)