以前「MegaRAID SAS 9361」を持っていたのだが手放した. 手放したらまたもやRAIDカードが必要な事態になりebayで購入
今回は「MegaRAID SAS 9271-8i」と以前よりも古い製品...
これをPCに差し込んで「lspci -v」で確認すると

05:00.0 RAID bus controller: Broadcom / LSI MegaRAID SAS 2208 [Thunderbolt] (rev 05)
        Subsystem: Broadcom / LSI MegaRAID SAS 9265CV-8i / 9270CV-8i

と表記される. 9271のチップは「LSISAS2208 Dual-Core ROC」なので合っているかな.

MegaCliの入手

まずはカードのFirmwareを確認してこれを最新にしてみる. そのためのツールをまずは入手します
https://www.broadcom.com/support/download-searchから
「Product Family」は 「Legacy RAID Controllers
「Product Name」は「MegaRAID SAS 9271-8i
「Asset Type」は「Management Software and Tools」とします
2022y05m20d_201347471.png
Searchボタンを押下すると、下記のようになり、「Manegement Software and Tools」リンクをクリックして展開します.
2022y05m20d_201844383.png

するとOS毎にプログラムが表示され、ここで「MegaRAID Storage Manager -Linux」と「MegaCli」をクリックしてダウンロードします
2022y05m20d_234719467.png

ダウンロードした2つのファイルを計算機に運び、展開します.
まず「8-07-14_MegaCLI.zip」から

[root@e ~]# cat /etc/redhat-release
Rocky Linux release 8.6 (Green Obsidian)
 
[root@e ~]# dnf install ncurses-compat-libs
[root@e ~]# unzip -q 8-07-14_MegaCLI.zip
[root@e ~]# cd Linux/
[root@e Linux]# dnf localinstall MegaCli-8.07.14-1.noarch.rpm

これでMegaCliコマンドが「/opt/MegaRAID/MegaCli」に配置されます.

現在使われているFirmwareは「MegaCli64 -AdpAllInfo -a0」にて「23.11.0-0038」と判明した.

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/MegaCli/MegaCli64 -AdpAllInfo -a0
 :
Product Name    : LSI MegaRAID SAS 9270CV-8i
 :
FW Package Build: 23.11.0-0038
 :
[root@e ~]#

Firmwareをupgrade

再度broadcomのサイトで「Asset Type」項目を「Firmware」に変更して再度検索ボタンを押下します.
得られた結果から最新のfirmwareをダウンロードします
2022y05m21d_002333256.png

入手した「23-34-0-0019_SAS_2208_FW_IMAGE_APP_3-460-115-6465.zip」を展開して、firmware「mr2208fw.rom」を適用させます.

[root@e ~]# unzip -q 23-34-0-0019_SAS_2208_FW_IMAGE_APP_3-460-115-6465.zip
[root@e ~]# /opt/MegaRAID/MegaCli/MegaCli64 -adpfwflash -f mr2208fw.rom -a0
 
Adapter 0: LSI MegaRAID SAS 9270CV-8i
Vendor ID: 0x1000, Device ID: 0x005B
 
Package version on the controller: 23.11.0-0038
Package version of the image file: 23.34.0-0019
Download Completed.
Flashing image to adapter...
Adapter 0: Flash Completed.
Please reboot the system for the changes to take effect
 
Exit Code: 0x00
[root@e ~]#

あとは再起動.
再起動後の確認

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/MegaCli/MegaCli64 -AdpAllInfo -a0
 :
Product Name    : LSI MegaRAID SAS 9270CV-8i
 :
FW Package Build: 23.34.0-0019
 :
[root@e ~]#

と無事更新された模様

MegaRAID Storage Managerの構築

ダウンロードした「17.05.06.00_MSM_Linux-x64.zip」ファイルをPCに運ぶ.
そして展開. 展開して得られた「MSM_linux_x64_installer-17.05.06-00.tar.gz」をさらに解凍

[root@e ~]# unzip -q 17.05.06.00_MSM_Linux-x64.zip
[root@e ~]# tar xf MSM_linux_x64_installer-17.05.06-00.tar.gz
[root@e ~]# cd disk/
[root@e disk]# ls -lh
 :
-rwxr-xr-x. 1 root root  22K Jan 14 01:56 install.csh
 :
[root@e disk]#

事前に「java」「net-snmp-utils」と「net-snmp」を入れておいて、単純に「install.csh -a」でインストールします.
アンインストールは「"/usr/local/MegaRAID Storage Manager/uninstaller.sh"」

[root@e disk]# dnf install java net-snmp-utils net-snmp csh
[root@e disk]# ./install.csh
[root@e disk]# systemctl daemon-reload

「"/usr/local/MegaRAID Storage Manager/startupui.sh"」を実行します. Xmingでは正しく起動しないみたい
画面が立ち上がってIPアドレスのリンクを押下します
2022y05m21d_031224748.png
ログインを要求されますが、rootのアカウント/パスワードを入力して「Login」ボタンを押下します
2022y05m21d_031404259.png

認証が通れば下記画面になります
2022y05m21d_032008436.png


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-05 (日) 00:22:13 (22d)