nisクライアントにおいてsmb共有を提供してみる.

nisクライアントになる

[root@nis-client ~]# yum -y install ypbind autofs nfs-utils
[root@nis-client ~]# authconfig --enablenis --nisdomain=sybyl --nisserver=nis --update
 
[root@nis-client ~]# vi /etc/nsswitch.conf
 automount:  files nis
  ↓
 automount:  files
[root@nis-client ~]#
[root@nis-client ~]# authconfig --enablemkhomedir --update

smb共有のためにsambaをインストール

[root@nis-client ~]# yum install samba
[root@nis-client ~]# systemctl start smb

これで一応nis配下のクライアントがsmb共有を提供します

nisパスワードとsmbパスワード


[root@nis-client ~]# smbpasswd -a illya
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user illya.
[root@nis-client ~]#

nisパスワードとsmbパスワードを同期させたい

smb共有を展開しているノードでなら2つを同期させることは可能.

でも他のnisノード、smbノードでパスワードを変更すると別々になる
どのノードでもパスワードを変更したらすべて反映するには samba-active directoryかwindows serverを入れて集約するしかないみたい.
LDAPでも出来そうだけど、smb共有ノードが複数あると無理っぽい感じ(確定情報なしだけど)

firewallで穴を開ける

[root@nis-client ~]# firewall-cmd --add-service=samba --zone=public --permanent
[root@nis-client ~]# firewall-cmd --reload

SELinuxを有効にしたままでsmb共有を行う(/homeの場合)

[root@nis-client ~]# setsebool -P samba_enable_home_dirs 1
[root@nis-client ~]# restorecon -R /home
最新の60件
2024-02-23 2024-02-22 2024-02-21 2024-02-20 2024-02-19 2024-02-18 2024-02-17 2024-02-16 2024-02-13 2024-02-12 2024-02-09 2024-02-04 2024-02-03 2024-01-31 2024-01-30 2024-01-29 2024-01-28 2024-01-22 2024-01-16 2024-01-15 2024-01-13 2024-01-12 2024-01-09 2024-01-08 2024-01-07 2024-01-03 2023-12-22 2023-12-17 2023-12-16 2023-12-11 2023-12-09 2023-12-06 2023-11-30 2023-11-27 2023-11-21 2023-11-19 2023-11-18 2023-11-14 2023-11-10 2023-11-09 2023-11-05 2023-11-03 2023-10-30 2023-10-26

edit


トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-29 (木) 21:44:15