ジョブ発行ノードには「openpbs-client-20.0.1-0.x86_64.rpm」パッケージをインストールします

途中で下記のようなメッセージが表示されます。

[root@client ~]# yum localinstall ./openpbs-client-20.0.1-0.x86_64.rpm
 :
*** PBS Installation Summary
***
*** Postinstall script called as follows:
*** /opt/pbs/libexec/pbs_postinstall client 20.0.1 /opt/pbs
***
*** No configuration file found.
*** Creating new configuration file: /etc/pbs.conf
*** =======
*** NOTICE:
*** =======
*** The value of PBS_SERVER in /etc/pbs.conf is invalid.
*** PBS_SERVER should be set to the PBS server hostname.
*** Update this value before starting PBS.
***
*** Replacing /etc/pbs.conf with /etc/pbs.conf.20.0.1
*** /etc/pbs.conf has been created.
***
***
*** The PBS commands have been installed in /opt/pbs/bin.
***
*** End of /opt/pbs/libexec/pbs_postinstall
 :
[root@client ~]#

このメッセージに従って計算ノードに調整を加えます

  • /etc/pbs.conf
    PBS_EXEC=/opt/pbs
    PBS_SERVER=openpbs
     :

clientはこの部分の修正のみで、デーモンの起動もありません。

[root@client ~]# qstat -Q
Queue              Max   Tot Ena Str   Que   Run   Hld   Wat   Trn   Ext Type
---------------- ----- ----- --- --- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----
workq                0     0 yes yes     0     0     0     0     0     0 Exe*
[root@client ~]# qstat -B
Server             Max   Tot   Que   Run   Hld   Wat   Trn   Ext Status
---------------- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----------
openpbs              0     0     0     0     0     0     0     0 Active
[root@client ~]#

と利用可能になります。

hosts.equiv

発行したジョブの標準出力、標準エラーは、発行したノードに返されます。
計算ノードからジョブ発行ノードへファイルがすんなりコピーされればいいのですが、
適切に設定がなされていないとエラーとなります。
簡単には rsh-server パッケージを入れて/etc/hosts.equivを設定すれば回避可能

[root@client ~]# yum install rsh-server
[root@client ~]# systemctl enable rexec.socket rsh.socket
[root@client ~]# systemctl start rexec.socket rsh.socket
[root@client ~]# cat /etc/hosts.equiv
+
 
[root@client ~]#

qmgr

ジョブ管理ノード以外からのジョブを受け入れるために、ジョブ管理ノードのqmgrで下記を追加します

set server flatuid = True

インターラクティヴモードで計算ノードにログインする

firewallを調整します. 具体的には 32768-61000/tcp を開けます.

[root@client ~]# firewall-cmd --zone=public --permanent --add-port=32768-61000/tcp
[root@client ~]# firewall-cmd --reload

*計算ノードのポートを開放する必要はありません

別のOpenPBSにジョブを流したい

qsubでジョブを投入する際、/etc/pbs.confの「PBS_SERVER」の値を参照して
ジョブ管理ノードにジョブを投入している。

別のPBSPro(ジョブ管理ノード)にジョブを投げたいのなら

[illya@client ~]$ PBS_SERVER=pbs2nd qsub sample.sh
 
あるいは
 
[illya@client ~]$ qsub -q workq@pbs2nd sample.sh

として実行する

qstatもまた環境変数「PBS_SERVER」を指定すれば別のPBSProの状態が見れます

[illya@client ~]$ PBS_SERVER=pbs2nd qstat -Q
Queue              Max   Tot Ena Str   Que   Run   Hld   Wat   Trn   Ext Type
---------------- ----- ----- --- --- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----
workq                0     0 yes yes     0     0     0     0     0     0 Exec
[illya@client ~]$

トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-16 (日) 23:41:45 (37d)