本家様 https://www.r-project.org/

言わずもがなの「R」
パッケージとして登録されているのでyumで気軽にインストールできる.

[root@centos7 ~]# yum info R-core
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * epel: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
Available Packages
Name        : R-core
Arch        : x86_64
Version     : 3.6.0
Release     : 1.el7
Size        : 57 M
Repo        : epel/x86_64
Summary     : The minimal R components necessary for a functional runtime
URL         : http://www.r-project.org
License     : GPLv2+
Description : A language and environment for statistical computing and graphics.
            : R is similar to the award-winning S system, which was developed at
            : Bell Laboratories by John Chambers et al. It provides a wide
            : variety of statistical and graphical techniques (linear and
            : nonlinear modelling, statistical tests, time series analysis,
            : classification, clustering, ...).
            :
            : R is designed as a true computer language with control-flow
            : constructions for iteration and alternation, and it allows users
            : to add additional functionality by defining new functions. For
            : computationally intensive tasks, C, C++ and Fortran code can be
            : linked and called at run time.
 
[root@centos7 ~]#
 
(インストールするなら下記を実行する)
yum install epel-release
yum install R-core R-core-devel

だがバージョンが「3.6.0」

より最新の「R」を使いたい場合は自らコンパイルする必要がある

下処理

yum groupinstall "Development Tools" "GNOME Desktop"
yum install readline-devel libXt-devel zlib-devel bzip2-devel xz-devel pcre2-devel libcurl-devel java-1.8.0-openjdk-devel libjpeg-turbo-devel libssh2-devel

コンパイル

[root@centos7 ~]# cd /apps/src
[root@centos7 src]# curl -O https://cran.r-project.org/src/base/R-4/R-4.1.0.tar.gz
[root@centos7 src]# tar cf R-4.1.0.tar.gz && cd R-4.1.0
 
[root@centos7 R-4.1.0]# ./configure --prefix=/apps/R-4.1.0 --enable-R-shlib
 :
 :
R is now configured for x86_64-pc-linux-gnu
 
  Source directory:            .
  Installation directory:      /apps/R-4.1.0
 
  C compiler:                  gcc -std=gnu99  -g -O2
  Fortran fixed-form compiler: gfortran  -g -O2
 
  Default C++ compiler:        g++ -std=gnu++11  -g -O2
  C++11 compiler:              g++ -std=gnu++11  -g -O2
  C++14 compiler:
  C++17 compiler:
  C++20 compiler:
  Fortran free-form compiler:  gfortran  -g -O2
  Obj-C compiler:
 
  Interfaces supported:        X11
  External libraries:          pcre2, readline, curl
  Additional capabilities:     NLS
  Options enabled:             shared R library, shared BLAS, R profiling
 
  Capabilities skipped:        PNG, JPEG, TIFF, cairo, ICU
  Options not enabled:         memory profiling
 
  Recommended packages:        yes
 
configure: WARNING: you cannot build info or HTML versions of the R manuals
configure: WARNING: you cannot build PDF versions of the R manuals
configure: WARNING: you cannot build PDF versions of vignettes and help pages
[root@centos7 R-4.1.0]#
 
[root@centos7 R-4.1.0]# make && make check && make install

「make check」で「reg-packages.R」でのエラーが検出される. CentOS7の問題みたい..R-3.6.2(2019-12-12)から出てる様子
一応「R-4.1.0/tests/Makefile.common」から「reg-packages.R」を削除するとすんなり「make check」は通る.

Environment Modules

「/etc/modulefiles/R/4.1.1」

#%Module1.0
set       R           /apps/R-4.1.1
prepend-path PATH     $R/bin
setenv    R_HOME_DIR  $R
setenv    R_LIBS_USER $env(HOME)/R/%V

dplyr

> install.packages("dplyr")
 library(dplyr) でエラー:  ‘dplyr’ という名前のパッケージはありません
>

って言われた. dplyrパッケージを入れるにはOS提供のRであるならroot権限化で

> install.packages("dplyr")

RStudio Server

本家様 https://www.rstudio.com/
ブラウザをインターフェースとしてRStudioを使えるようにします.
個別のwindows/macPCにRとRStudio(RStudio Desktop)を入れなくてもブラウザがあればRStudioが使える代物.

https://www.rstudio.com/products/rstudio/download-server/に各プラットホームごとにインストール手順が参照できます
ここではCentOS7に入れてみますので、「RedHat/CentOS」を選びます
するとRStudio Serverパッケージのダウンロードとそのインストール方法が記載されています.

っでまず入手.

[root@centos7 ~]# wget https://download2.rstudio.org/server/centos7/x86_64/rstudio-server-rhel-1.4.1717-x86_64.rpm

ダウンロードしたファイルは「rstudio-server-rhel-1.4.1717-x86_64.rpm」でサイズは63MBでした。
次にそれをインストールします

[root@centos7 ~]# yum localinstall rstudio-server-rhel-1.4.1717-x86_64.rpm

同時に「postgresql-libs」もインストールされます.

インストールと同時に「RStudio Server」が立ち上がろうとするのですが、起動しませんでした。
どうやら原因は「R」へのPATHが不正確であったため. yumでRをインストールしたら問題なかったのかも..
その際は「/etc/rstudio/rserver.conf」を修正します

[root@centos7 ~]# cat /etc/rstudio/rserver.conf
# Server Configuration File
rsession-which-r=/apps/R-4.1.0
 
[root@centos7 ~]# systemctl restart rstudio-server.service

っでブラウザでアクセスするのですが、どのポート?調べるには lsof とかを使う

[root@centos7 ~]# lsof -i
 :
rserver   15575 rstudio-server    7u  IPv4 122556      0t0  TCP *:msgsrvr (LISTEN)
 
[root@centos7 ~]#
[root@centos7 ~]# grep msgsrvr /etc/services
msgsrvr         8787/tcp                # Message Server
msgsrvr         8787/udp                # Message Server
[root@centos7 ~]#

とあるので 8787 となるが、firewallで閉じているのなら空ける

[root@centos7 ~]# firewall-cmd --add-port=8787/tcp --zone=public --permanent
[root@centos7 ~]# firewall-cmd --reload

そのアドレスにアクセスすると下記のような画面が表示される
2021y08m06d_041526845.png

OS内のユーザ(/etc/passwd)でログインしてみると下記のようにブラウザ内で RStudio が使えます
2021y08m06d_041933963.png

RStudio Desktop

RStudio Serverの提供元から「RStudio Desktop」が提供されている。ライセンス品は非常に魅力的 https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/

ここではFree版の「RStudio Desktop」を入手して使ってみます。
単純にパッケージを入手してインストールするだけ. ファイルは「rstudio-1.4.1717-x86_64.rpm」

[root@centos7 ~]# yum localinstall rstudio-1.4.1717-x86_64.rpm

にて完了
起動は

module load R
rstudio

ただし、、windowsOSからCentOSにインストールした 「RStudio Desktop」を利用するには単にXを飛ばせばいいのですが、場合によっては何も映らない事がある
なら初めからwindowsOS版の「RStudio Desktop」を利用すればいいのだが、X越しに使ってみたい場合

その際は「~/.config/RStudio/desktop.ini」に下記を加える. 「~/.config/RStudio/desktop.ini」は「RStudio Desktop」(rstudio)を起動したときに作られる

[General]
cookies=@Invalid()
desktop.renderingEngine=software

*multi-user.targetではだめみたい. graphical.target で稼働が必要みたい

メモ

8787ではなく80で使いたい場合
「/etc/rstudio/rserver.conf」に「www-port=80」を追記して「systemctl restart rstudio-server.service」を実施
firewallの再設定も忘れずに

install.packages("devtools",Ncpus=3)とすると3倍速くなる.
「libicui18n.so.58がない」とかでエラーが出る場合は anaconda がロードされているから.
anacondaにある「「libicui18n.so.58」をLD_LIBRARY_PATHとかで通せば行けるかもしれないが、、path環境からanacondaを抜いて作ったほうがいいかも.

export PATH=/apps/R-4.1.1/bin:/usr/bin:/usr/sbin

としてRを起動後「install.packages("devtools",Ncpus=3)」なら行ける


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-11 (月) 06:20:51 (9d)