Relion-2.1.0がリリースされた
リリースノートはこちらhttp://www2.mrc-lmb.cam.ac.uk/relion/index.php/Release_notes
以前にgitで取得していれば git pull で変更部分が更新されます

[root@c ~]# cd /Appl/src/
[root@c src]# cd relion
[root@c relion]# git pull
fatal: unable to access 'https://github.com/3dem/relion.git/': Could not resolve host: github.com; Name or service not known
[root@c relion]#

っとたまに上記のような取得できないといわれますが、再度 git pull すると大抵成功します

[root@c relion]# git pull
remote: Counting objects: 405, done.
remote: Compressing objects: 100% (88/88), done.
remote: Total 405 (delta 316), reused 401 (delta 314), pack-reused 2
Receiving objects: 100% (405/405), 162.14 KiB | 54.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (316/316), completed with 124 local objects.
From https://github.com/3dem/relion
   e7607a8..ce6420a  master     -> origin/master
 * [new tag]         2.1        -> 2.1
Updating e7607a8..ce6420a
  :
[root@c relion]#

その後、ビルドディレクトリに移るなりして、コンパイルします(下記はgpuを使わない場合です. 使用するなら-DCUDA=ONにして下さい)

[root@c relion]# mkdir 171220 && cd 171220/
[root@c 171220]# export PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/lib64/openmpi/bin
[root@c 171220]# export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib64/openmpi/lib
[root@c 171220]# cmake -DCUDA=OFF -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/Appl/relion .. -L

*インストール先を/Appl/relion-(バージョン番号)として、あとで「ln -s」で/Appl/relionとするのもあり
利点は以前のバージョンを残せる点かな。っが環境変数の設定が面倒。っとなると初めから/Appl/relionにインストールするのもあり...

っが、このまま進めてmakeを行ったらfltkがないとか言われた。yumでfltkパッケージをインストールすれば回避可能なのだが、
どうやらライブラリ関係も/Appl/relion/lib配下に置かないと駄目みたいだったので別途インストールします
(どうも/usr/localを念頭にしているのかな?)

[root@c ~]# cd /Appl/src/
[root@c src]# curl -O http://fltk.org/pub/fltk/1.3.4/fltk-1.3.4-2-source.tar.gz
[root@c src]# gzip -cd fltk-1.3.4-2-source.tar.gz | tar xf - && cd fltk-1.3.4-2
[root@c fltk-1.3.4-2]# ./configure --enable-shared --prefix=/Appl/relion && make && make install

ついでにfftwも

[root@c ~]# cd /Appl/src/
[root@c src]# curl -O ftp://ftp.fftw.org/pub/fftw/fftw-3.3.7.tar.gz
[root@c src]# gzip -cd fftw-3.3.7.tar.gz | tar xf - && cd fftw-3.3.7
[root@c fftw-3.3.7]# ./configure --enable-shared --enable-threads --prefix=/Appl/relion --enable-sse2 --enable-avx && make && make install

その後、relionをコンパイル

[root@c ~]# cd /Appl/src/relion/121220
[root@c 171220]# make && make install

トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-23 (土) 12:39:16 (122d)