今更ながらSCSIカードを購入した。
中古の68ピンな オートローダ を使いたいがため。
Adaptec様2940系は64bit windowsには対応しないみたい
AHA-2940シリーズカードのWindows XP、Vista、Server 200x、Windows 7のドライバはどこにありますか?

まぁ2940はx86_64 Linuxならまだ使用できるが、最新のwindowsOS(64bit)では無理って事だけ。

どうしてもwindows64bitで、SCSIを使いたい場合、Adaptec製品なら

の類を探す必要になる。
*PCIeに対応な29320LPEが一番おすすめなのだろうが、そこまで中古オートローダ には掛けれない..

っで、とりあえず中古で 39160 を購入した次第。でも、、windows2008r2に挿してみると下記のような認識模様でOS標準ドライバでは駄目みたい。
2013y08m07d_230653397.png
なので、Adaptec様のサポートページから当該のドライバを検索・取得。
どうやら「Ultra160 64-bit Driver v7.5.645.100 for Windows 7 & 2008R2」としてu160_w7_ws08r2_x64_drv_b7_5_645_100.exeが提供されていた。
2013y08m07d_231040037.png
これをwindows2008r2に適用。デバイスマネージャの表示は下記となりwindwos64bitでもSCSIが使えるようになった。
2013y08m07d_231653414.png

VMwareESXi

中古の 39160 をESXi5.1に挿してみた。すんなり認識。
仮想化されたマシン上で使いたいので、39160をDirectPathに設定する。
[構成]->[詳細設定]->[DirectPath I/O 構成]画面の[編集..]ボタンをクリックする。
PCI Bridgeを経由しているので、この 39160 だと分かる。
この2つをDirectPath対象にするので、チェックして「OK」ボタンを押す
2015y07m02d_003945639.png
DirectPath I/O 構成では下記の様に表示される
2015y07m02d_005444853.png

実際に仮想マシンに付与するには、仮想マシンのプロパティで「ハードウエアの追加」で「PCIデバイス」を選んで「次へ」ボタンを押す
2015y07m02d_005621716.png
そして、仮想マシンへ接続させたい DirectPath I/O を指定します。
ここでは「03:01.0」を選び、「次へ」ボタンを押します。
2015y07m02d_005837157.png
これで仮想マシンへのDirectPath I/Oは設定された。

最新の60件
2024-06-17 2024-06-16 2024-06-14 2024-06-12 2024-06-11 2024-06-10 2024-06-08 2024-06-07 2024-06-02 2024-06-01 2024-05-30 2024-05-16 2024-04-26 2024-04-18 2024-04-15 2024-04-11 2024-04-06 2024-04-05 2024-03-30 2024-03-29 2024-03-19 2024-03-17 2024-03-15 2024-03-06 2024-03-05 2024-03-03 2024-02-23 2024-02-22 2024-02-21 2024-02-20 2024-02-19 2024-02-18 2024-02-13 2024-02-12 2024-02-09 2024-02-04 2024-02-03 2024-01-31 2024-01-30 2024-01-29 2024-01-28 2024-01-22 2024-01-16

edit


トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-02 (木) 01:01:39