ESXi510-201605001

ダウンロードしたパッチファイル(ESXi510-201605001.zip)をESXiからアクセス可能な場所に配置
そして、ESXiの全仮想マシンを停止させ、メンテナンスモードに移行する。
sshでESXiに管理者権限(root)でログインして、下記コマンドを実行

[root@c ~]# ssh -l root esxi
Password:
The time and date of this login have been sent to the system logs.
 
VMware offers supported, powerful system administration tools.  Please
see www.vmware.com/go/sysadmintools for details.
 
The ESXi Shell can be disabled by an administrative user. See the
vSphere Security documentation for more information.
~ # esxcli
esxcli      esxcli.cgi  esxcli.py
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/q/ESXi510-201605001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.85.3872664, VMware_locker_tools-light_5.1.0-3.85.3872664
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.60.3070626, VMware_locker_tools-light_5.1.0-3.60.3070626
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, (略
~ #

updateが完了したら、ESXiを再起動させます。

~ # reboot

その後再起動。再起動後メンテナンスモードを終了して完了
再起動後のbuild番号は下記になる。
  2017y04m24d_152819712.png

ESXi510-201510001

2015/10/01リリース
ダウンロードしたパッチファイル(ESXi510-201510001.zip)を例の如くESXiからアクセス可能な場所に配置。
全仮想マシンを停止+メンテナンスモードに移行してから、sshでESXiにログインして下記コマンドを実行。
*ESXi510-201510001.zipは0644でないとだめみたい。0750だとエラーになった

[root@c ~]# ssh -l root esxi
Password:
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/ESXi510-201510001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.60.3070626,  (略
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.55.2583090,  (略
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733,  (略
~ #

ESXiを再起動させます。

~ # reboot

その後再起動。再起動後メンテナンスモードを終了して完了
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2016y01m15d_010403637.png

MLNX-OFED-ESX

Mellanoxの10Gbe MNPA19-XTRのドライバをインストール。
http://www.mellanox.com/page/software_overview_ethから「ConnectX® Driver for VMware® ESXi Server」のドライバを入手。例の如く ESXiからアクセス可能な場所に配置。
全仮想マシンを停止+メンテナンスモードに移行してから、sshでESXiにログインして下記コマンドを実行。

[root@c ~]# ssh -l root esxi
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/C/MLNX-OFED-ESX-1.9.10.0-10EM-510.0.0.799733.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: Mellanox_bootbank_net-ib-addr_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, 
Mellanox_bootbank_net-ib-cm_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, Mellanox_bootbank_net-ib-core_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, 
Mellanox_bootbank_net-ib-mad_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, Mellanox_bootbank_net-ib-sa_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, 
Mellanox_bootbank_net-ib-umad_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, Mellanox_bootbank_net-mlx4-core_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, 
Mellanox_bootbank_net-mlx4-en_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, Mellanox_bootbank_net-mlx4-ib_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, 
Mellanox_bootbank_net-rdma-cm_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733, Mellanox_bootbank_scsi-ib-iser_1.9.10.0-1OEM.510.0.0.799733
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped:
~ #

ESXiを再起動させ、その後再起動。再起動後メンテナンスモードを終了して完了

ESXi510-201503001

2015/03/26リリース
ダウンロードしたパッチファイル(ESXi510-201503001.zip)を例の如くESXiからアクセス可能な場所に配置。
全仮想マシンを停止+メンテナンスモードに移行してから、sshでESXiにログインして下記コマンドを実行。

[root@c ~]# ssh -l root esxi
Password:
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/ESXi510-201503001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.55.2583090, (略
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.50.2323236, (略
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, (略
~ #

ESXiを再起動させます。

~ # reboot

その後再起動。再起動後メンテナンスモードを終了して完了
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2015y05m02d_025614545.png

update-from-esxi5.1-5.1_update03

2014/12/04リリース。すっかり忘れてた...
直前の「ESXi510-201410001」の適用で、エラーが解消され問題なく使用している。っで今回、update03を適用してみる。
VMwareのサイトはちょくちょく模様替えする。なので、どこに行ったら目的の物が得られるか毎回苦労する...
まあー無償利用させて頂いているので文句は言えないけどね。

  • パッチを入手して
  • 全仮想マシンを停止して
  • メンテナンスモードに移行して(必要か分からないけど実施した)
  • ESXiにsshでログインして
    [root@c ~]# ssh -l root esxi
    Password:
    ~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/update-from-esxi5.1-5.1_update03.zip
    Installation Result
       Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
       Reboot Required: true
       VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.50.2323236, (略
       VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.44.2191751, (略
       VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, (略
    ~ #
  • ESXiを再起動(*「Reboot Required: true」と書かれてますしね)
    ~ # reboot
  • メンテナンスモードを終了(必要か分からないけど実施した)

再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2015y03m21d_152006600.png

ESXi510-201410001

2014/10/30リリース
最近下記のエラーがちょくちょく表示される。これが表示されるとESXiを再起動するまで駄目みたい。
2014y11m19d_204641376.png
っで、解決するのか不明だが、パッチを当てることにした
いつもの場所でダウンロードして、いつものようにESXiに運んで適用してみた。

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/ESXi510-201410001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.44.2191751, VMware_bootbank_misc-drivers_5.1.0-2.44.2191751,(略
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.35.2000251, VMware_bootbank_misc-drivers_5.1.0-2.23.1483097, (略
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-(略
~ #

その後再起動。再起動後メンテナンスモードを終了して完了
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2014y11m20d_224620272.png

ESXi510-201407001

2014/07/31にリリースされていた。
My VMware https://my.vmware.com/web/vmware/login にログインして、Downloads/Product Patchesへ。
そして、ESXi510-201407001.zipをダウンロードする。このファイルをESXiに運んで、全仮想マシンを停止+メンテナンスモードに移行してから、下記コマンドを実行。

[root@c ~]$
[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/ESXi510-201407001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.35.2000251, VMware_locker_tools-light_5.1.0-2.35.2000251
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.29.1900470, VMware_locker_tools-light_5.1.0-2.28.1743533
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp(略
~ #

その後再起動。再起動後メンテナンスモードを終了して完了
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2014y09m30d_003407154.png
今回のupdateでRHEL7がでるかな?って思ったのだが、まだだった....

ESXi510-201406001

2014/06/17にリリースされていた。
My VMware https://my.vmware.com/web/vmware/login にログインして、Downloads/Product Patchesに至る。
2014y07m11d_003333636.png
そこで、「Select a Product」でESXi、バージョンは5.1を選択した。表示されたパッチ一覧からESXi510-201406001を選んでダウンロードを行う。
入手したESXi510-201406001.zipを例の如くESXiからアクセス可能な場所に配置。全仮想マシンを停止+メンテナンスモードに移行してから、sshでESXiにログインして下記コマンドを実行。

[root@c ~]$
[root@c ~]$ ssh -l root esxi           *ESXiへログイン
Password:
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/ESXi510-201406001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.29.1900470
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.28.1743533
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, (後略)
~ #

その後再起動。再起動後メンテナンスモードを終了して完了
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2014y07m11d_010517786.png

ESXi510-201404001

2014/04/29にリリースされていた。
パッチファイル名は、ESXi510-201404001.zipで588MBほど。例の如くESXiからアクセス可能な場所に配置。まあー具体的にはsshでESXiに管理者権限でログインして、そこからダウンロードしたファイルが見えればいい。
一旦ESXiで稼働している仮想マシンを停止/サスペンドさせて、メンテナンスモードに切り替え、sshでESXiへログイン。

[root@c ~]$
[root@c ~]$ ssh -l root esxi           *ESXiへログイン
Password:
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/ESXi510-201404001.zip           *パッチインストール
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.28.1743533, VMware_locker_tools-light_5.1.0-2.28.1743533
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.26.1612806, VMware_locker_tools-light_5.1.0-2.23.1483097
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733,(後略)
~ #

指摘されているようにそのまま再起動を実施します。
メンテナンスモードのまま再起動したので、再起動後もメンテナンスモードのままです。利用再開するので
メンテナンスモードを終了させて完了となる。
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2014y05m24d_095903676.png

ESXi510-201402001

2014/02/27にリリースされていた。
「My VMware」
なる場所にログインしてパッチを取得。ファイル名はESXi510-201402001.zipでサイズは298MBほど。
このファイルを例の如く、ESXiマシンからアクセス可能な場所に配置。
ESXiで稼働している全部の仮想マシンを停止orサスペンドさせて、メンテナンスモードへ。
メンテナンスモードのまま、sshでこのESXiマシンへログイン。

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/ESXi510-201402001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted  (中略)
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.26.1612806
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.23.1483097
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733,  (中略)
~ #

とベース部分のみの更新で終わったようだ。っで再起動を実施。
メンテナンスモードのまま、再起動を実施するとメンテナンスモードで起動される。
っで、メンテナンスモードを終了させて、利用再開。
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2014y04m10d_230048052.png

update-from-esxi5.1-5.1_update02

20140116にリリース。セキュリティとバグフィックスです。ログインしないともらえない感じっぽい。ファイル名はupdate-from-esxi5.1-5.1_update02.zipでサイズが614.7MBと結構なサイズ。
取得したファイルをESXiマシンからアクセス可能な場所に配置して、sshでESXiにログイン。以下下記作業を実施。
全ての仮想マシンは停止しております。本来はメンテナンスモードにしてから適用なのかもしれない....

[root@c ~]# ssh -l root esxi
Password:
 (中略)
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/vmware/patches/update-from-esxi5.1-5.1_update02.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-2.23.
 (中略)
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-1.20.1312873,
 (中略)
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733,
 (中略)
~ #

とupdateは成功。再起動してVMware vSphere Clientを起動したらクライアントの更新が求められた。
「インストーラを実行」ボタンをクリックしてクライアントソフトを更新させる。
2014y02m04d_212924840.png
再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2014y02m04d_214054655.png

ESXi510-201310001

2013/10/17に提供されていた。っでこれを取得。ファイル名はESXi510-201310001.zip。このファイルをESXiからアクセスできる場所、NFS先とかに置いておく。
sshでESXiにログインして、下記コマンドを実行

[root@c ~]# ssh -l root esxi
Password:
 (中略)
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/vmware/patches/ESXi510-201310001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-1.20.1312873, VMware_bootbank_misc-drivers_5.1.0-1.20.1312873,(略
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-1.16.1157734, VMware_bootbank_misc-drivers_5.1.0-1.16.1157734, (略
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-(略
~ #
~ # reboot

ESXiを再起動。再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2013y11m07d_231939241.png

VMware Patch適用 ESXi5.1update1から

とある理由が回避されたのでESXiを5.1update1に引き上げた。2013.8.15
加えて、それ以降にバッチも提供されているようなので、それらを適用してみる。

パッチのダウンロードは、ここに http://www.vmware.com/jp/support/ アクセスして、[製品別]-[データセンターおよびクラウド]内の[VMware vSphere Hypervisor]を選択して、[ESXi パッチのダウンロード]をクリックします。
2013y08m15d_133156536.png
ここでログインを求められますが、登録したログインアカウント・パスワードで通過します。そして、必要なパッチを検索します。
ここでは、ESXi5.1なので、下記のようにして検索します。
2013y08m15d_133437610.png
検索結果に従って目的のパッチを取得。適用は以前と同様。

ESXi510-201307001

取得したパッチファイル ESXi510-201307001.zipをesxiからアクセスできるNFS先とか内部のデータストアに配置して

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/vmware/patches/ESXi510-201307001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-1.16.1157734, VMware_bootbank_misc-drivers_5.1.0-1.16.1157734, (中略)
~ #

ESXiを再起動。再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2013y08m15d_140635946.png

ESXi510-201305001

取得したパッチファイル ESXi510-201305001.zipをesxiからアクセスできるNFS先とか内部のデータストアに配置して

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/vmware/patches/ESXi510-201305001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-1.13.1117900
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-1.12.1065491
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733,  (中略)
~ #

ESXiを再起動。再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2013y08m15d_135727011.png


VMware Patch適用

ここから http://www.vmware.com/patchmgr/findPatch.portal ESXiのパッチを検索します。
下記のようにして検索を行い、配布されているパッチ一覧を取得します。
2012y07m08d_105348386.png
必要なパッチがあったらそのダウンロードします。
*パッチの適用は VMware Update Manager を使えば楽なのでしょうが有償みたい。
以下は下から上への時系列。
基本、最新パッチには過去のパッチを含んでいるみたい。丁寧に古いものから順に当てる必要はないみたい。

「vSphere のアップグレード」に下記文言がある。
software profile update コマンドでは、指定したプロファイルの対応する VIB を使用して既存の VIB
を更新しますが、ターゲット サーバ上にインストールされているほかの VIB には影響を与えません。
software profile installコマンドでは、デポのイメージプロファイル内にある VIB をインストールし、ターゲットサーバ上にインストールされているその他すべての VIB を削除します。

ESXi500-201303001

とある理由で5.1をメインでは使っていない。もっぱらこれ。
っで2013/03/28にパッチがリリースされたので適用してみる。
適用は従来同様、以下同文

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/c/vmware/patches/ESXi500-201303001.zip
Installation Result
  Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
  Reboot Required: true
  VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-2.32.1024429, VMware_locker_tools-light_5.0.0-2.32.1024429
  VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-2.26.914586, VMware_locker_tools-light_5.0.0-2.26.914586
  VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6(中略)
~ #

ESXiを再起動。再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2013y05m15d_225700035.png

update-from-esxi5.0-5.0_update02

2012/12/20リリース
パッチをダウンロードして、従来と同様、zipファイルのままESXiマシンへ送る。
次にssh経由でESXiへログインして、下記コマンドを実施。

~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/update-from-esxi5.0-5.0_update02.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-2.26.914586, VMware_bootbank_esx-tboot_5.0.0-2.26.914586,(略)
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.11.623860, VMware_bootbank_esx-tboot_5.0.0-0.0.469512,(略)
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512,(略)
~ #

ESXiを再起動。再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2012y12m27d_212714018.png

ESXi500-201209001

パッチをダウンロードして、従来と同様、zipファイルのままESXiマシンへ送る。
次にssh経由でESXiへログインして、下記コマンドを実施。

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
(中略)
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/ESXi500-201209001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.22.821926,(略
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.18.768111, (略
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512, (略
~ #

ESXiを再起動。再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2012y12m01d_071423407.png

ESXi500-201207001

オラクルで言う所のPSR(Patch Set Release)っぽいパッチ。まぁー必須。
ssh経由でESXiへログインして、下記コマンドを実施。

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
(中略)
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/ESXi500-201207001.zip
Installation Result
  Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
  Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.18.768111, VMware_bootba (略
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.16.721882, VMware_bootbank(略
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512,  (略
~ #

ESXiを再起動。再起動後のbuild番号は下記になる。
  build番号 2012y07m18d_214251538.png

InfiniBandドライバ

中古のMellanox InfiniBand MHGA28-1TCがあるのだが、ESXiに刺しても「ストレージアダプタ」には表示されない。
  2012y07m08d_124248667.png
Mellanoxさんのサイトから [Adapter IB/VPI SW]->[VMware Drivers]を巡ってドライバをダウンロードして
 2012y07m08d_125658306.png
パッチ適用と同じくssh経由でESXiへログインして、下記コマンドを実施。

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
(中略)
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/MLNX-OFED-ESX-1.8.0.0.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: Mellanox_bootbank_net-ib-core_1.8.0.0-1OEM.500.0.0.472560, Mellanox_bootban(略
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped:
~ #

ESXiを再起動。しかし認識されない。
MHGA28-1TC(InfiniHost III世代)は古くて、最低限ConnectXシリーズ以上でないとVMware5では使えない?

一応、

~ # esxcli hardware pci list        *ESXiが認識しているデバイスを列挙
  000:001:00.0
   略)
   Vendor Name: Mellanox Technologies
   Device Name: MT25208 InfiniHost III Ex (Tavor compatibility mode)
~ #

デバイスはESXiにて確認をしているみたい。なのだが....

ESXi500-201206001

セキュリティーパッチ。CVE-2012-3288,CVE-2012-3289

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
(中略)
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/ESXi500-201206001.zip
 Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.16.721882
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.13.702118
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootb(略
~ #

ESXiを再起動
  build番号 2012y07m08d_123819434.png

ESXi500-201205001

セキュリティーパッチ。家の中の閉じた空間なので不要なのかもしれないけど。
共通脆弱性識別子(CVE):CVE-2012-2448,CVE-2012-2449,CVE-2012-2450
ssh経由でESXiへログインして、下記コマンドを実施。

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
(中略)
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/ESXi500-201205001.zip
 Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.13.702118
   VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.11.623860
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0(略
~ #

ESXiを再起動させる。再起動後のbuild番号は下記になる。
  2012y07m08d_122510762.png

ESXi500-201204001

内容を読むとあまり関係なさげだが、入れてみる。
  2012y07m08d_105954363.png
ダウンロードしたファイルを下記のupdate1の方法とかscpとかで送る。ESXiへ供給しているNFSサーバがあればそれにでも。
ssh経由でESXiへログインして、下記コマンドを実施。(事前に全仮想マシンは停止が望ましいかも。あとメンテナンスモードへとか)

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
(中略)
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/ESXi500-201204001.zip
 Installation Result
   Message: Operation finished successfully.
   Reboot Required: false
   VIBs Installed: VMware_locker_tools-light_5.0.0-1.12.653509
   VIBs Removed: VMware_locker_tools-light_5.0.0-1.11.623860
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata...(略
~ #

となる。その後、ESXiを再起動させる。
再起動後のESXiのbuild番号は下記になる。
  2012y07m08d_114242657.png
ぁれぇ?build番号があがってない...なんで?「Reboot Required: false」との結果だから?

VMware5.0 update1適用

VMware5.0にVMwareESXi5.0Update1を適用します。
VMwareのサイトから 更新ファイル を取得します。
 2012y03m17d_233112282.png
ダウンロードしたファイル update-from-esxi5.0-5.0_update01.zipは、
ESXiの管理パネル内、仮想サーバノードの構成から、ハードウエアとしてストーレジを選択して、
そのなかにあるデータストアにコピーします。ファイルのコピー方法は、
データストアのディスク名を右クリックして、「データストアの参照」を選択して、
 2012y03m17d_234706177.png
「ファイルのアップロード」の機能を使って、フォルダのトップにでもファイルを置きます。
 2012y03m17d_235037870.png
そして転送されたファイルが存在することを確認します。
 2012y03m17d_235302466.png
次に、ESXiサーバをメンテナンスモードに移行させて、外部マシンからssh経由でこのESXiサーバにログインします。
そして、そのssh端末において下記コマンドを実施します。

[root@c ~]$ ssh -l root esxi
Password:
~ #
~ # esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/・・・/update-from-esxi5.0-5.0_update01.zip
(中略)
 Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware・・・・・
~ #

と表示されます。
その後、ESXiサーバを再起動させて、vSphere Clientから再度ログインします。ログイン後に表示される
ESXiのバージョンが623860なら成功みたい。
 2012y03m18d_001132449.png

以上

vt-d対応
http://wiki.xen.org/wiki/VTd_HowTo


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-24 (月) 15:28:52 (999d)