過去記事 windows/WSL2-20220327

windows11を手に入れた. っでWSLgを使ってみたく試してみた.
windowsOS上でLinux(ubuntuやCentOS)が利用できる仕組みがWSL. バージョンの違いでWSLとWSL2があるが目的は同じ.
WSLgはwindows11から利用可能なったWSLの機能の一つで LinuxGUIアプリケーションがより容易に使いやすくなる機能
*GPUとかの話ではありません. それは別のお話. あくまでもGUIなお話です

事前確認

windows11を組んでwindowsUpdateで最新版にしてます.
「コントロールパネル」->「プログラムと機能」->「Windowsの機能の有効化または無効化」は初期値のままで何も加えていない.
*「Hyper-V」「Linux用Windowsサブシステム」「NFS用サービス」は初期値の無効のままです

インストール

右クリックで
「スタート」->「Windows ターミナル (管理者)」でPowerShell(管理者)を開きます。
2021y11m19d_224353451.png

インストールの方法は「wsl」と実行すると案内が表示される

PS C:\Users\saber> wsl
 
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.
 
使用法: wsl.exe [引数]
 
引数:
 
     --install <Options>
     Windows Subsystem for Linux の機能をインストールします。オプションが指定されていない場合は、
      既定のディストリビューションと共に、推奨される機能がインストールされます。
 
既定のディストリビューションおよびその他の有効な配布物の一覧を表示するには、
        'wsl --list --online' を使用してください。
 
        オプション:
            --distribution, -d [Argument]
              ダウンロードしてインストールするディストリビューションを名前で指定します。
 
                引数:
                    有効なディストリビューション名 (大文字と小文字は区別されません)。
 
                例:
                    wsl --install -d Ubuntu
                    wsl --install --distribution Debian
 
    --list, -l [Options]
        ディストリビューションを一覧表示します。
 
 オプション:
            --online, -o
                 'wsl --install' を使用してインストールするために使用できるディストリビューションの一覧を表示します。
 
    --status
        Linux 用 Windows サブシステムの状態を表示します。
 
    --help
        使用方法に関する情報を表示します。
PS C:\Users\saber>

現状(2021.11時点)でインストール可能なのは

PS C:\Users\saber> wsl --list --online
インストールできる有効なディストリビューションの一覧を次に示します。
既定の分布は ' * ' で表されます。
 'wsl --install -d <Distro>'を使用してインストールします。
 
  NAME            FRIENDLY NAME
* Ubuntu          Ubuntu
  Debian          Debian GNU/Linux
  kali-linux      Kali Linux Rolling
  openSUSE-42     openSUSE Leap 42
  SLES-12         SUSE Linux Enterprise Server v12
  Ubuntu-16.04    Ubuntu 16.04 LTS
  Ubuntu-18.04    Ubuntu 18.04 LTS
  Ubuntu-20.04    Ubuntu 20.04 LTS
PS C:\Users\saber>

とubuntu系とSuse系、RHELクローンはないご様子.

ここでは ubuntu-20.04 を入れてみます

PS C:\Users\saber> wsl --install -d ubuntu-20.04
 
インストール中: 仮想マシン プラットフォーム
仮想マシン プラットフォーム はインストールされました。
インストール中: Linux 用 Windows サブシステム
Linux 用 Windows サブシステム はインストールされました。
ダウンロード中: WSL カーネル
インストール中: WSL カーネル
WSL カーネル はインストールされました。
ダウンロード中: GUI アプリ サポート
インストール中: GUI アプリ サポート
GUI アプリ サポート はインストールされました。
ダウンロード中: Ubuntu 20.04 LTS
要求された操作は正常に終了しました。変更を有効にするには、システムを再起動する必要があります。
PS C:\Users\saber>

初回だからだと思うが、この段階で「Windowsの機能の有効化または無効化」にある「仮想マシン プラットフォーム」と「Linux 用 Windows サブシステム」が有効になる. 指示に従いwindows11を再起動します.
再起動後、同じアカウントでログインすると先ほどの処理が継続されて、下記のようなubuntu20.04でのアカウント作成を求められる
2021y11m19d_231752240.png
windowsログインアカウントと違ってもいいのだが、面倒なので同じにしてみた.
その後は即座に使えるみたい
2021y11m19d_232118211.png
「exit」を実行すると閉じます

「スタート」->「すべてのアプリ」に先ほど作ったubuntu20.04へのターミナルが登録される.
それを選択してubuntu環境を利用することになる.
2021y11m19d_232305778.png

WSLg

っでWSLgを試す.
初期状態では開発環境とかはないので、それをインストールします
「スタート」->「すべてのアプリ」->「ubuntu20.04」を選択してターミナルを開きます. そこに

saber@st200e:~$ sudo apt update

としてパッケージリストを更新して、

sudo apt install cmake git build-essential mpi-default-bin mpi-default-dev libfftw3-dev libtiff-dev libfltk1.3-dev libx11-dev libpng-dev
sudo mkdir -p /apps/src && cd $_
sudo git clone https://github.com/3dem/relion && cd relion
sudo git checkout -b 3.1.3 refs/tags/3.1.3
sudo mkdir b && cd $_
sudo cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/apps/relion-3.1.3 ..
sudo make -j 10 && sudo make install

っで、

saber@st200e:~$ /apps/relion-3.1.3/bin/relion

とするとrelionが立ち上がる.
2021y11m19d_235218552.png

eman2.91も大丈夫みたい
2021y11m20d_000356422.png

SPHREも
2021y11m20d_000921646.png

メモ

っとGUIは大丈夫そうである. ただ実際に使用する段階ではファイルまでのアクセスルート(Dドライブとかsmb経由とか)を検討する必要があるかも. あと/scratchは使えるのか?とかね.

windows11からのアクセスはエキスプローラから直接行ける
2021y11m20d_012036950.png

内部のubuntu側からは「/mnt/c」がCドライブなのでPATH指定はできそうな感じ. 「/mnt/c/Users/saber」とか行けそう
内部のubuntu側でnfsを張れるかは未検証. ネットワークドライブへのアクセスは不可みたい.


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-18 (金) 20:07:24 (190d)