autoloaderを扱うことになった
IBM様のLTOテープドライブとoverlandstorage様のチェンジャーの組み合わせ製品
ケーブルを繋げ、ファームウエアを最新にして、まずは状況確認

[root@xxx ~]# lsscsi -g
[0:0:0:0]    tape    IBM      ULTRIUM-HH7      HB83  /dev/st0   /dev/sg0
[0:0:0:1]    mediumx BDT      FlexStor II      5.40  /dev/sch0  /dev/sg1
[1:0:0:0]    disk    ATA      HGST HDS724040AL A580  /dev/sda   /dev/sg2
[2:0:0:0]    disk    ATA      HGST HDS724040AL A580  /dev/sdb   /dev/sg3
[4:0:0:0]    cd/dvd  TEAC     DVD-ROM DV-28SW  R.2A  /dev/sr0   /dev/sg4
[root@xxx ~]#

当初、/dev/st0, /dev/nst0が見当たらなかったが、再起動して見えた

簡単にテスト
テープをマガジンに差し込んで、本体へ挿入。インベントリが勝手に行ってくれるようで

[root@xxx ~]# mtx -f /dev/sg1 status
  Storage Changer /dev/sg1:1 Drives, 8 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
      Storage Element 1:Full :VolumeTag=EM0005L7
      Storage Element 2:Full :VolumeTag=EM0004L7
      Storage Element 3:Full :VolumeTag=EM0003L7
      Storage Element 4:Full :VolumeTag=EM0002L7
      Storage Element 5:Full :VolumeTag=EM0001L7
      Storage Element 6:Full :VolumeTag=EM0006L7
      Storage Element 7:Full :VolumeTag=EM0007L7
      Storage Element 8:Full :VolumeTag=XTL001L7
[root@xxx ~]#

とテープに貼り付けたバーコードを読み込んでくれる。

ではマガジンからテープを引き出して、LTOドライブに差し込みます
下記は、7番スロットのテープをLTOドライブに差し込むコマンドです。ドライブが1つなのでLTOドライブの認識番号は「0」です

[root@xxx ~]# mtx -f /dev/sg1 load 7 0
Loading media from Storage Element 7 into drive 0...done
[root@xxx ~]# mtx -f /dev/sg1 status
  Storage Changer /dev/sg1:1 Drives, 8 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Full (Storage Element 7 Loaded):VolumeTag = EM0007L7
      Storage Element 1:Full :VolumeTag=EM0005L7
      Storage Element 2:Full :VolumeTag=EM0004L7
      Storage Element 3:Full :VolumeTag=EM0003L7
      Storage Element 4:Full :VolumeTag=EM0002L7
      Storage Element 5:Full :VolumeTag=EM0001L7
      Storage Element 6:Full :VolumeTag=EM0006L7
      Storage Element 7:Empty
      Storage Element 8:Full :VolumeTag=XTL001L7
[root@xxx ~]#

と7番スロットのテープがドライブに移りました。

ここでtarコマンドでデータを格納してみます

[root@xxx ~]# cd /opt
[root@xxx opt]# tar cf /dev/nst0 .
 
[root@xxx opt]# cd /etc
[root@xxx etc]# tar cf /dev/nst0 .

これで2つ入りました。
テープをmtコマンドで巻き戻して、

[root@xxx ~]# mt -f /dev/nst0 rewind
[root@xxx ~]# mt -f /dev/nst0 status
SCSI 2 tape drive:
File number=0, block number=0, partition=0.
Tape block size 0 bytes. Density code 0x5c (no translation).
Soft error count since last status=0
General status bits on (41010000):
 BOT ONLINE IM_REP_EN
[root@xxx ~]#

中身を確認

[root@xxx ~]# tar tvf /dev/nst0

その直後のstatusは

[root@xxx ~]# mt -f /dev/nst0 status
SCSI 2 tape drive:
File number=0, block number=19358, partition=0.
Tape block size 0 bytes. Density code 0x5c (no translation).
Soft error count since last status=0
General status bits on (1010000):
 ONLINE IM_REP_EN
[root@xxx ~]#

block numberが、「0」から「19358」に変わりました。
次に収めた/etcの中身を見ようとすると

[root@xxx ~]# tar tvf /dev/nst0
tar: This does not look like a tar archive
tar: Exiting with failure status due to previous errors

とエラーが表示される。eofまで行っていないみたい?
再度statusを確認すると

[root@xxx ~]# mt -f /dev/nst0 status
SCSI 2 tape drive:
File number=1, block number=0, partition=0.
Tape block size 0 bytes. Density code 0x5c (no translation).
Soft error count since last status=0
General status bits on (81010000):
 EOF ONLINE IM_REP_EN
[root@xxx ~]#

とFile numberが「0」から「1」に移った。
ここで「tar tvf /dev/nst0」とすると二番目のデータ「/etc」の中身が見えた。
終わった後に再度statusを行うと

[root@xxx ~]# mt -f /dev/nst0 status
SCSI 2 tape drive:
File number=1, block number=3215, partition=0.
Tape block size 0 bytes. Density code 0x5c (no translation).
Soft error count since last status=0
General status bits on (1010000):
 ONLINE IM_REP_EN
[root@xxx ~]#

とFile number「1」のblock number「3215」まで行っていた。

あれぇ?テープってこんなんだっけ?連続でいけると思ってた。「mt fsf」が必要なの?
不勉強の一つかぁ...

テープを元の場所に戻す

[root@xxx ~]# mtx -f /dev/sg1 unload 7 0

これでドライブ「0」のメディアは7番スロットに戻ります。


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-19 (土) 02:36:32 (90d)