aws

[EC2]->[インスタンス]で[インスタンスを起動]を選び

項目名値/選択肢備考
名前ログインノード日本語でも行けるみたい
アプリケーションおよび OS イメージ (Amazon マシンイメージ)既定のまま
インスタンスタイプ既定のまま
キーペア名 - 必須chaperone「新しいキーペアの作成」をクリックして「キーペア名」chaperoneとして作成

「新しいキーペアの作成」でダウンロードされるファイルがssh接続の秘密鍵になる
「ネットワーク設定」欄の「編集」ボタンを押下します

項目名値/選択肢備考
VPCvpc-xxxxxxx(chaperone-vpc-01)
サブネットsubnet-xxxxxxx パブリックサブネット
パブリックIPの自動割り当て有効化これを有効にしないと外向けIPがもらえない
ファイアウォール(セキュリティグループ)セキュリティグループを作成する
セキュリティグループ名launch-wizard-1既定値
説明launch-wizard-1 created 2022-08-21T10:07:38.398Z既定値
インバウンドセキュリティグループのルールソース部分のみ修正を施す
ソースタイプ自分のIPいま接続している端末のIPアドレス
ソース<自動的に値が入る>

2022y08m21d_191542380.png

項目名値/選択肢備考
ストレージを設定既定のまま
高度な詳細既定のまま

そうして「インスタンスを起動」ボタンを押下する

メモ

起動してしまったEC2のプライベートIPは変更できない
作成途中でIPアドレスを指定する必要がある
どうしても、、なら「セカンダリプライベート IPv4 アドレス」で定義できる
2022y08m22d_215936509.png


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-22 (月) 22:00:59 (33d)