[[aers]]

***d.sql [#xf3d863d]
sqlldrでデータ登録を行って、途中でエラーが発生するとそれまでの''登録済データ''の扱いが面倒。
なので、登録前に全て削除してから登録してます。

これも各テーブルごとに削除SQLを発行しているだけです。

#code(nonumber){{
---- DEMOGRAPHIC file (DEMOyyQq.TXT)
DROP TABLE DEMO13Q1;
---- DRUG file (DRUGyyQq.TXT)
DROP TABLE DRUG13Q1;
---- REACTION file (REACyyQq.TXT)
DROP TABLE REAC13Q1;
---- OUTCOME file (OUTCyyQq.TXT)
DROP TABLE OUTC13Q1;
---- REPORT SOURCE file (RPSRyyQq.TXT)
DROP TABLE RPSR13Q1;
---- THERAPY dates file (THERyyQq.TXT)
DROP TABLE THER13Q1;
---- INDICATIONS for use file (INDIyyQq.TXT)
DROP TABLE INDI13Q1;
purge recyclebin;

exit
}}

トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS