本家様 https://www2.mrc-lmb.cam.ac.uk/personal/pemsley/coot/

昔のページxray/coot

ソースから作ってみた

まず関連のソフトウエアをインストールします

下準備

パッケージ関係

yum install fftw2-devel

mmdb

[root@c ~]# cd /Appl/src
[root@c src]# curl -O ftp://ftp.ccp4.ac.uk/opensource/mmdb2-2.0.1.tar.gz && tar xzf mmdb2-2.0.1.tar.gz && cd mmdb2-2.0.1
[root@c mmdb2-2.0.1]# ./configure --prefix=/Appl/mmdb2 --enable-shared
[root@c mmdb2-2.0.1]# make && make install

clipper

[root@c ~]# cd /Appl/src
[root@c src]# curl -O ftp://ftp.ccp4.ac.uk/opensource/clipper-2.1.20140911.tar.gz && tar xzf clipper-2.1.20140911.tar.gz && cd clipper-2.1.20140911/
 
[root@c clipper-2.1.20140911]# CPATH=/Appl/mmdb2/include LIBRARY_PATH=/Appl/mmdb2/lib \
   ./configure --prefix=/Appl/clipper  --enable-mmdb --enable-cif --enable-minimol --enable-phs

CPATHはコンパイル時に必要なincludeファイルへのPATHを提供
LIBRARY_PATHは同じくコンパイル時に必要なライブラリへのPATHを提供する。
ちばなみにLD_LIBRARY_PATHはプログラムの実行時に必要なライブラリへのPATHを提供する。

[root@c src]# curl -O https://www2.mrc-lmb.cam.ac.uk/Personal/pemsley/coot/source/pre-releases/coot-0.8.9.2-pre-revision-7766.tar.gz

トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 12:42:45 (71d)