gP2Sを使ってみる.

事前にマスター情報というか基本情報を入れておく必要があります.
ログインして、画面左下の「Settings」をクリックするとその必要なマスター情報の入力画面が表示されます.
2020y05m12d_094803368.png

各項目に応じて入力項目が用意されています.
全て説明したも何なので、2つほど例にあげます
「こんな感じでマスター入力する」が分かればいいので

「Consumables(消耗品)」の「Grid Type」

Consumables/Grid Typeをクリックすると下記のような画面になります。
2020y05m17d_101757235.png
この「CREATE NEW GRID TYPE」ボタンを押下すると入力画面に移ります.
2020y05m17d_102012091.png
マスター情報としてGRIDの型式や備考を入力します. 入力し終えたら画面上部の「SAVE」ボタンを押下して保存します.
2020y05m18d_105523324.png
こんな感じで

VITRIFICATION MACHINE

こちらもこんな感じで
2020y05m18d_105845747.png

STORAGE DEVICE

こちらもこんな感じで
2020y05m18d_110053292.png

「Project」

プロジェクト名を記載します。ターゲットの名称とかで宜しいのかと
前段のマスター情報とプロトコル、そしてこの「Project」が埋まればサンプル管理ができるようになります。

グリッド管理

サンプルの登録がありますが、それを行えばグリッドの情報が入力可能になります。
例ですが、こんな感じ
2020y05m18d_110613955.png

注意

データの取り扱いですが、他人が入力したデータを編集できます
あとコメント、ファイル追加機能が各データごとにある.

なぜか、、、データを削除できない....削除のアイコンがあるのだけど機能してない?


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-18 (月) 11:17:41 (11d)