「MegaRAID SAS 9361」がある。
CentOS 7でlspciは下記にとなった

[root@e ~]# lspci | grep -i raid
01:00.0 RAID bus controller: LSI Logic / Symbios Logic MegaRAID SAS-3 3108 [Invader] (rev 02)
[root@e ~]#

MegaCliの入手

avagoのサポートページhttp://www.avagotech.com/support/download-searchにて、
Product Familyを「12Gb/s SATA + SAS RAID」、Productに「MegaRAID SAS 9361-8i」、Asset typeに「Management Software and Tools」を選択して「Search」ボタンを押下
2016y06m03d_012237656.png

ヒットした項目から「Lastest MegaRAID StorCLI」を見つけダウンロードリンクを押下します。
2016y06m03d_013130022.png

ダウンロードしたファイル(1.19.04_StorCLI.zip)をMegaRAIDのあるマシンにコピーして展開します。

[root@e ~]# ls -l 1.19.04_StorCLI.zip
-rw-r--r-- 1 root root 41606377  6月  3 01:41 1.19.04_StorCLI.zip
[root@e ~]#
[root@e ~]# unzip 1.19.04_StorCLI.zip storcli_all_os/Linux/*
Archive:  1.19.04_StorCLI.zip
   creating: storcli_all_os/Linux/
  inflating: storcli_all_os/Linux/license.txt
  inflating: storcli_all_os/Linux/LINUX_Readme.txt
  inflating: storcli_all_os/Linux/storcli-1.19.04-1.noarch.rpm
[root@e ~]#
[root@e ~]# yum localinstall ./storcli_all_os/Linux/storcli-1.19.04-1.noarch.rpm

現在使われているFirmwareは

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 show
(略)
FW Package Build = 24.3.0-0050
BIOS Version = 6.17.04.0_4.16.08.00_0x06060A01
FW Version = 4.230.20-3532
(略)
[root@e ~]#

であった。

Firmwareの更新

同じくavagoのサポートページにて、Asset typeに「Firmware」を選択して「Search」ボタンを押下します。
2016y06m03d_013405087.png

ヒットした項目から「Lastest MegaRAID Firmware,....」を見つけてダウンロードリンクを押下します。
2016y06m03d_013650530.png

これでフィル(24.15.0-0016_SAS_MR_FW_IMAGE_APP_4.650.00-6121.zip)を入手した。
現在MegaRAIDに搭載されているFirmwareは、「24.3.0」(FW Package Build)でバージョンが「4.230.20-3532」なので
更新を行ってみた。24.15.0-0016_SAS_MR_FW_IMAGE_APP_4.650.00-6121.zipを展開して、その中にある
mr3108fw.romを使います。

[root@e ~]# ls -l mr3108fw.rom
-rw-r--r-- 1 root root 6684672  6月  3 02:16 mr3108fw.rom
[root@e ~]#
[root@e ~]# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 download file=mr3108fw.rom
Download Completed.
Flashing image to adapter...
Controller = 0
Status = Success
Description = F/W Flash Completed. Please reboot the system for the changes to take effect
 
Current package version = 24.3.0-0050
New package version = 24.15.0-0016
 
[root@e ~]#
[root@e ~]# reboot

再起動後、Firmwareを確認すると

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 show
(略)
FW Package Build = 24.15.0-0016
BIOS Version = 6.31.03.0_4.17.08.00_0x06140200
FW Version = 4.650.00-6121
(略)
[root@e ~]#

と確かに更新された。

コマンドラインでRAID構築

起動時のMegaRAID画面から操作して構築してもいいのだが、コマンドラインでやってみる
まずは接続しているディスクの様子から

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 show
(略)
Number of Controllers = 1
Host Name = e.sybyl.local
Operating System  = Linux3.10.0-327.18.2.el7.x86_64
 
System Overview :
===============
 
------------------------------------------------------------------------------------
Ctl Model                   Ports PDs DGs DNOpt VDs VNOpt BBU sPR DS  EHS ASOs Hlth
------------------------------------------------------------------------------------
  0 AVAGOMegaRAIDSAS9361-8i     8   8   0     0   0     0 Opt On  1&2 Y      3 Opt
------------------------------------------------------------------------------------
(略)
[root@e ~]#

「System Overview」からController Indexは「0」で、8ポートのRAIDカードで、8台のHDDが繋がっている。
っで、この8台HDDを使ってRAID0を作成してみる。まずはHDDのIDを確認する

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 show
(略)
PD LIST :
=======
 
-------------------------------------------------------------------------
EID:Slt DID State DG     Size Intf Med SED PI SeSz Model              Sp
-------------------------------------------------------------------------
252:0     8 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
252:1    12 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
252:2     9 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
252:3    10 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
252:4    14 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
252:5    13 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
252:6    15 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
252:7    11 UGood -  931.0 GB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA MQ01ABD100 U
-------------------------------------------------------------------------
(略)
[root@e ~]#

EIDとは「Enclosure Device ID」で、そのエンクロージャのスロットが「Slt」を表わす。
ここでは全部のスロットを使うので

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 add vd type=raid0 drives=252:0-7 Strip=512 AWB
Controller = 0
Status = Success
Description = Add VD Succeeded
 
[root@e ~]#

確認してみる。

[root@e ~]# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0  show
(略)
-------------------------------------------------------------
DG/VD TYPE  State Access Consist Cache Cac sCC     Size Name
-------------------------------------------------------------
0/0   RAID0 Optl  RW     Yes     RAWBD -   ON  7.273 TB
-------------------------------------------------------------
(略)
[root@e ~]#

MegaRAID Storage Managerを使う

コマンドラインもいいのだが、別途GUIで操作、確認もしたいところ。
こちらでは大抵OSはMinimalで作っているのでX/GNOMEを使えるようにします。
加えMegaRAID Storage Managerに必要なパッケージを追加します

[root@e ~]# yum groupinstall "GNOME Desktop"
[root@e ~]# yum remove gnome-initial-setup
[root@e ~]# systemctl set-default graphical.target
[root@e ~]# yum -y install libstdc++.i686 compat-libstdc++-33.i686 compat-libstdc++-33.x86_64 \
libXau.i686 libxcb.i686 libX11.i686 libXext.i686 libXi.i686 libXtst.i686 net-snmp.x86_64 \
net-snmp-utils.x86_64 xterm
 
[root@e ~]# reboot

その後に、avagoのサポートページからMegaRAID Storage Managerのインストールファイル(MSM_linux_x64_installer-16.02.00-04.tar.gz)を入手。

[root@e ~]# gzip -cd MSM_linux_x64_installer-16.02.00-04.tar.gz | tar xf -
[root@e ~]# cd disk
 
[root@e disk]# ./install.csh -a
[root@e disk]# systemctl daemon-reload

としてインストールを開始します。
MSMの起動はプログラムメニューにから選ぶか、

[root@e ~]# /usr/local/MegaRAID\ Storage\ Manager/startupui.sh

にて行える。
だが、、下記画面となり接続できない
2016y06m04d_161538670.png
背景色黄色には「Servers could not found because server may be down or server not installed in the host system」と書かれている。調べると単純にMSM向けのデーモンが動いていないだけで、どうやら日本語環境がその原因であった。

回避策として、

[root@e disk]# vi /etc/rc.d/init.d/vivaldiframeworkd
- sh "$MSM_HOME/Framework/startup.sh" >> /dev/null 2>>/dev/null &
+ LANG=C sh "$MSM_HOME/Framework/startup.sh" >> /dev/null 2>>/dev/null &

*/etc/rc.d/init.d/vivaldiframeworkdの 53 行目
と環境変数としてLANG=Cを渡します。そして、PC再起動もしくは手動で/etc/init.d/vivaldiframeworkdを再起動すれば
正常にホストが表示されます

MegaRAID Storage Managerのフォントが残念

正直あまり綺麗ではない。
なので、調整してみた。

[root@e ~]# vi /usr/local/MegaRAID\ Storage\ Manager/startupui.sh
(略
#XMODIFIERS=@im=none
export _JAVA_OPTIONS="-Dawt.useSystemAAFontSettings=on -Dswing.aatext=true"    <---追加行
 
./jre/bin/java -DVENUS=true -classpath .:GUI.jar:monitorgui.jar:DebugLog.jar:(略
 
[root@e ~]#

とjavaの実行前に「_JAVA_OPTIONS」環境変数を加えた。
これで多少は読みやすくなった


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-08 (金) 22:40:08 (526d)