intel様の製品である「Intel® Parallel Studio XE 2019 Cluster Edition」を触れる機会に恵まれた

インストール

「parallel_studio_xe_2019_update4_cluster_edition.tgz」をどこかで展開して、その中にある「install_GUI.sh」を実行する。
GUI画面がでてライセンスファイル/ライセンスサーバらの情報を入力して進む。

ここでは下記パッケージのみをインストールした

  • インテル(R) C++ コンパイラー 19.0 Update 4
    インテル(R) C++ コンパイラー (インテル(R) 64)
  • インテル(R) MKL 2019 Update 4 (C/C++))
    インテル(R) MKL コア・ライブラリー (C/C++) (インテル(R) 64)
    クラスターサポート(C/C++)
    インテル(R) TBB スレッド化サポート(インテル(R) 64)
    GNU* C/C++ コンパイラー・サポート(インテル(R) 64)
  • インテル(R) TBB 2019 Update 6
    インテル(R) TBB (インテル(R) 64)
  • インテル(R) MPI ライブラリー 2019 Update 4
    インテル(R) MPI Benchmarks 2019 Update 3
    インテル(R) MPI ラブラリー、インテル(R) 64 アーキテクチャー対応アプリケーション用

展開先は /opt/intel としてインストール直後は下記のような配置になる

[root@xxx intel]# ls -l
total 0
drwxr-xr-x 2 root root 232 Mar 14 02:13 bin/
lrwxrwxrwx 1 root root  28 Mar 14 02:13 compilers_and_libraries -> compilers_and_libraries_2019/
drwxr-xr-x 3 root root  19 Mar 14 02:13 compilers_and_libraries_2019/
drwxr-xr-x 4 root root  36 May 15  2019 compilers_and_libraries_2019.4.243/
drwxr-xr-x 6 root root  63 May 15  2019 conda_channel/
drwxr-xr-x 4 root root  26 May 18  2019 documentation_2019/
drwxr-xr-x 3 root root  21 Mar 14 02:11 ide_support_2019/
drwxr-xr-x 2 root root  24 Mar 14 02:12 impi/
lrwxrwxrwx 1 root root  37 Mar 14 02:13 include -> compilers_and_libraries/linux/include/
lrwxrwxrwx 1 root root  33 Mar 14 02:13 lib -> compilers_and_libraries/linux/lib/
drwxr-xr-x 2 root root  28 Mar 14 02:07 licenses/
lrwxrwxrwx 1 root root  33 Mar 14 02:13 man -> compilers_and_libraries/linux/man/
lrwxrwxrwx 1 root root  33 Mar 14 02:13 mkl -> compilers_and_libraries/linux/mkl/
lrwxrwxrwx 1 root root  29 Mar 14 02:12 parallel_studio_xe_2019 -> parallel_studio_xe_2019.4.070/
drwxr-xr-x 5 root root 251 Mar 14 02:13 parallel_studio_xe_2019.4.070/
lrwxrwxrwx 1 root root  34 Mar 14 02:13 pstl -> compilers_and_libraries/linux/pstl/
drwxr-xr-x 3 root root  16 Mar 14 02:12 samples_2019/
lrwxrwxrwx 1 root root  33 Mar 14 02:13 tbb -> compilers_and_libraries/linux/tbb/
[root@xxx intel]#

つかう

単純に
「source /opt/intel/bin/compilervars.sh intel64」で環境が構築される
追加されたPATHは

  • /opt/intel/compilers_and_libraries_2019.4.243/linux/bin/intel64
    codecov*  icpc*                   loopprofileviewer.sh*  profdcg*            tselect*           xild*
    dbmerge*  icpc.cfg*               map_opts*              profmerge*          x86_64-linux.env*  xild.cfg*
    icc*      libcilkrts.so.5*        mcpcom*                profmergesampling*  xiar*
    icc.cfg*  loopprofileviewer.csh*  offload_extract*       proforder*          xiar.cfg*
  • /opt/intel/compilers_and_libraries_2019.4.243/linux/mpi/intel64/libfabric/bin
    fi_info*
  • /opt/intel/compilers_and_libraries_2019.4.243/linux/mpi/intel64/bin
    cpuinfo*             IMB-MPI1*  IMB-RMA*    mpicxx*         mpif90*  mpiicc*    mpitune*
    hydra_bstrap_proxy*  IMB-MT*    impi_info*  mpiexec@        mpifc*   mpiicpc*   mpivars.csh*
    hydra_nameserver*    IMB-NBC*   legacy/     mpiexec.hydra*  mpigcc*  mpiifort*  mpivars.sh*
    hydra_pmi_proxy*     IMB-P2P*   mpicc*      mpif77*         mpigxx*  mpirun*    tune/

となる。
*「/opt/intel/bin/compilervars.sh」と「/opt/intel/bin/iccvars.sh」は同じlink元に突き当たる


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-17 (火) 20:46:31 (73d)