linuxの本質. kernelとほかGNUアプリの集合体で各種ディストリが用意されている.

本家様 https://kernel.org/

各ディストリビューターがどのバージョンのkernelを採用したかは https://distrowatch.com/?language=JP を参照かな.

ここではRHEL系のRockyLinux9/8, CentOS7をメインにubutunも扱ってます.

各種LinuxOSに搭載されている kernel を丸ごと切り替えることは可能です. ただコンパイル操作が必要で面倒かな. 参照 linuxカーネル再構築

一応、他のパッケージと同様にdnfでkernelも変更することができるリポジトリがあり、
ここELRepoでRHEL系のOS向けカーネルが提供されている

カーネルを変更することで、恩恵として動作が早くなることが多いです. 計算が早くなるとは断言できませんけど

だが、そのディストリビューターのサポートから外れます.
もともと保証なんてないって思いますが、質問が出来なくなる事にご留意ください.

ELRepoでRockyLinux9のkernelを更新してみる

使うのは ELRepo の kernel-ml(mainline stable)版
ELRepoのリポジトリを組み込めば更新できる

[root@rockylinux9 ~]# rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
[root@rockylinux9 ~]# dnf install https://www.elrepo.org/elrepo-release-9.el9.elrepo.noarch.rpm -y

提供されているパッケージkernel/repository
現在導入されているkernelの確認

[root@rockylinux9 ~]# cat /etc/redhat-release
Rocky Linux release 9.2 (Blue Onyx)
 
[root@rockylinux9 ~]# dnf list installed |grep "^kernel"
kernel.x86_64                                    5.14.0-284.25.1.el9_2               @baseos
kernel-core.x86_64                               5.14.0-284.25.1.el9_2               @baseos
kernel-devel.x86_64                              5.14.0-284.25.1.el9_2               @appstream
kernel-devel-matched.x86_64                      5.14.0-284.25.1.el9_2               @appstream
kernel-headers.x86_64                            5.14.0-284.25.1.el9_2               @appstream
kernel-modules.x86_64                            5.14.0-284.25.1.el9_2               @baseos
kernel-modules-core.x86_64                       5.14.0-284.25.1.el9_2               @baseos
kernel-srpm-macros.noarch                        1.0-12.el9                          @AppStream
kernel-tools.x86_64                              5.14.0-284.25.1.el9_2               @baseos
kernel-tools-libs.x86_64                         5.14.0-284.25.1.el9_2               @baseos
 
[root@rockylinux9 ~]#

この状態でELRepo のカーネルを入れてみる

elrepo-kernelリポジトリで提供されているカーネルパッケージは「kernel-lt」と「kernel-ml」の2つある.
「kernel-lt」は長期サポート版 長期サポート版って言っても kernel.org では複数の長期サポート版があって、そのなかの1つだけが選ばれている
「kernel-ml」はmain linestable版. main linestable版って実は他にあるstable版よりも最新版で出来立てのカーネル. 「長期サポート」ほどこなれてない枯れてないカーネル. だから不安定って訳ではない. バグもあるだろうが、それは他のカーネルとして同じ.

[root@rockylinux9 ~]# dnf --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-ml kernel-ml-core kernel-ml-devel kernel-ml-devel-matched kernel-ml-modules kernel-ml-modules-extra kernel-ml-tools kernel-ml-tools-libs kernel-ml-tools-libs-devel -y
 
[root@rockylinux9 ~]# reboot

kernel-ml-headersは不要みたい
あとsecure bootは無効にしてください

再起動後,

[root@rockylinux9 ~]# uname -r
6.4.12-1.el9.elrepo.x86_64
 
[root@rockylinux9 ~]#
 
(ちなみに)
[root@rockylinux9 ~]# find /lib/modules -name btrfs.ko.xz
/lib/modules/6.4.12-1.el9.elrepo.x86_64/kernel/fs/btrfs/btrfs.ko.xz
 
[root@rockylinux9 ~]# find /lib/modules -name orangefs.ko.xz
/lib/modules/6.4.12-1.el9.elrepo.x86_64/kernel/fs/orangefs/orangefs.ko.xz
 
[root@rockylinux9 ~]#

っとカーネルが変わりました. それと btrfs と orangefs カーネルモジュールが存在します

不要なkernelの削除

参照 https://www.centlinux.com/2022/10/safely-remove-old-kernels-in-rocky-linux-9.html

dnf -y remove --oldinstallonly --setopt installonly_limit=2 kernel

これは今使っているカーネルとrescure向けの2つのみを残す感じかな

最新の60件
2024-02-23 2024-02-22 2024-02-21 2024-02-20 2024-02-19 2024-02-18 2024-02-17 2024-02-16 2024-02-13 2024-02-12 2024-02-09 2024-02-04 2024-02-03 2024-01-31 2024-01-30 2024-01-29 2024-01-28 2024-01-22 2024-01-16 2024-01-15 2024-01-13 2024-01-12 2024-01-09 2024-01-08 2024-01-07 2024-01-03 2023-12-22 2023-12-17 2023-12-16 2023-12-11 2023-12-09 2023-12-06 2023-11-30 2023-11-27 2023-11-21 2023-11-19 2023-11-18 2023-11-14 2023-11-10 2023-11-09 2023-11-05 2023-11-03 2023-10-30 2023-10-26

edit


トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-08-29 (火) 22:41:50