留意
/dev/kvmの所有者に注意
libvirtにて、ユーザ qemu をlibvirtdの担当にさせたのなら /dev/kvm のグループパーミッションは qemu にしないとだめみたい

[root@c ~]# ls -l /dev/kvm
crw-rw---- 1 root qemu 10, 232  1月 31 23:48 /dev/kvm
[root@c ~]#

qemu-imgでディスクイメージを作成

ストレージを直接指定するなら、まずqemu-imgコマンドで仮想マシンのディスクイメージを作ります
ここでは、場所を /opt/kvm として、作成するイメージは qcow2 形式で 32GBほどとします。

[root@c ~]# mkdir /opt/kvm
 
[root@c ~]# qemu-img create -f qcow2  /opt/kvm/HDD.qcow2.img 32G
Formatting '/opt/kvm/HDD.qcow2.img', fmt=qcow2 size=34359738368 encryption=off cluster_size=65536 lazy_refcounts=off refcount_bits=16
 
[root@c ~]#
[root@c ~]# ls -lh /opt/kvm/HDD.qcow2.img
-rw-r--r-- 1 root root 193K  2月  1 22:21 /opt/kvm/HDD.qcow2.img
[root@c ~]#

一応確認してみます

[root@c ~]# qemu-img info /opt/kvm/HDD.qcow2.img
image: /opt/kvm/HDD.qcow2.img
file format: qcow2
virtual size: 32G (34359738368 bytes)
disk size: 196K
cluster_size: 65536
Format specific information:
    compat: 1.1
    lazy refcounts: false
    refcount bits: 16
    corrupt: false
[root@c ~]#

それで、CentOS7の仮想マシンを作ってみます。

virt-installで仮想マシンを作成

CentOS7の例

[root@c ~]# export PATH=/opt/local/bin:$PATH
[root@c ~]# export PYTHONPATH=/opt/local/lib64/python2.7/site-packages
[root@c ~]# export LD_LIBRARY_PATH=/opt/libvirt/lib
 
[root@c ~]# virt-install --connect qemu:///system  --virt-type kvm  --machine=pc  \
--name c20  --ram 1024  --cpu host  --vcpus=1  --description "テストOS"  --os-type linux  \
--os-variant rhel7  --boot cdrom,hd,menu=on  \
--disk path=/opt/kvm/HDD1.qcow2.img,format=qcow2,bus=virtio,size=8,cache=writeback  \
--cdrom /export/CentOS-7-x86_64-DVD-1611.iso  --network bridge=br0,model=virtio  \
--graphics vnc,port=5900,listen=0.0.0.0,keymap=ja

と実行すると、続く画面で下記が表記された

WARNING  グラフィカルコンソールに接続できません: virt-viewer がインストールされていません。'virt-viewer' パッケージをインストールしてください。
WARNING  ゲストのコンソールがないため、デフォルト値 --wait -1 を適用します。
 
インストールの開始中...
割り当て中 'HDD1.qcow2.img'                      | 8.0 GB  00:00:00
ドメインを作成中...                              |    0 B  00:00:00
仮想マシンのインストールが進行中です。インストールが完了するまで  を待っています。

この段階で vnc で 仮想化サーバの 5900 番に繋げると、下図の様に表示される。
2017y02m01d_223035988.png2017y02m01d_224857256.png
このvnc画面を経由して、仮想マシンにOSをインストールします。

仮想マシンの制御

作成した仮想マシンを停止、起動させるには、仮想マシンにacpidがインストールされていることが必要

[root@c103 ~]# yum install acpid
[root@c103 ~]# systemctl enable acpid.service
[root@c103 ~]# systemctl start acpid.service

こうすることで、仮想化サーバから virsh コマンドで制御可能に

[root@c ~]# virsh
virsh # list --all
 Id    名前                         状態
----------------------------------------------------
 5     c20                            実行中
 
virsh # shutdown  c20
ドメイン c20 はシャットダウン中です
 
virsh # start c20
ドメイン c20 が起動されました
 
virsh #

こんな感じで。


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-01 (水) 23:25:19 (198d)