oracle
テーブルやインデックスを収める場所を作る。
RAID10な表領域を作って、そこにインデックスを収めたり、RAID1な表領域にテーブルを収めたりとか用途を分けられるみたい。

OEMで表領域作成

ブラウザでOEMにアクセスして[サーバ]タブをクリックして、その中の[表領域]を選択します。
2013y01m26d_230258563.png
その中にある[作成]ボタンを押します。
  2013y01m26d_230611946.png
次の画面で表領域名を入力します。ここでは[aers]と入力します。
  2013y01m26d_230851634.png
エクステント管理は、[ローカル管理]として、
  2013y01m26d_231007970.png
タイプは、[永続]
  2013y01m26d_231025674.png
ステータスは、[読取り/書込み]とします。
  2013y01m26d_231032507.png
データファイルの[ビックファイル表領域の使用]はNULLで、[追加]ボタンをクリックします。
  2013y01m26d_231436820.png
データファイルの追加画面で、ファイル名は[aers.dbf]、ファイル・ディレクトリはそのまま、ファイルサイズは20GBとします。
  2013y01m26d_231645403.png
そして、この表領域が溢れそうになった場合を想定して、10MBづつの増加で全部で最大30GBまでaers.dbfが広がるようにします。
  2013y01m26d_235213428.png
画面上部と下部にある同じボタンから、[続行]ボタンを押して、元の画面に戻ります。
  2013y01m26d_232144570.png
すると、先ほどデータファイル欄が[項目場見つかりません]から、指定したaers.dbfが入ります。
  2013y01m26d_232350762.png
ここで[SQL表示]ボタンを押すと、上記の設定を実現させるSQL文が表示されます。

すべて開くすべて閉じる
  1
  2
  3
  4
  5
  6
 
 
 
 
 
 
CREATE SMALLFILE 
   TABLESPACE "AERS"
   DATAFILE 'D:\ORADATA\AERS\aers.dbf'
   SIZE 20G 
   AUTOEXTEND ON NEXT 10M MAXSIZE 30G 
   LOGGING   EXTENT MANAGEMENT LOCAL SEGMENT SPACE MANAGEMENT AUTO;

*記憶域タブにおいて、基本圧縮、ロギング無効にした場合のSQLは下記となる。

すべて開くすべて閉じる
  1
  2
  3
  4
  5
  6
 
 
 
 
 
 
CREATE SMALLFILE
   TABLESPACE "AERS"
   DATAFILE 'D:\ORADATA\AERS\aers.dbf'
   SIZE 20G
   AUTOEXTEND ON NEXT 10M MAXSIZE 30G
   NOLOGGING EXTENT MANAGEMENT LOCAL SEGMENT SPACE MANAGEMENT AUTO DEFAULT COMPRESS BASIC;

このSQLはsysかsystemで実行する内容。っで、面倒なので、このまま[OK]ボタンを押して、この表領域AERSを完成させます。

以下同様にAERSIND[aersind.dbf(10GB)]、AERSTBL[aerstbl.dbf(10GB)]、AERSTMP[aerstmp.dbf]を用意した。
AERSTMPのみタイプを、[一時]とします。
  2013y01m27d_000425971.png


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-27 (日) 00:05:52 (2514d)