ownCloud

sambaで作ったActiveDirecotryユーザでownCloudにログインさせてみる
ownCloudのバージョンは 10.0.2 です

*この機能を使用するには事前に php-ldap パッケージのインストールが必要(yum install php-ldap)
phpをソースから作っている場合は「--with-ldap --with-ldap-sasl」オプションを付けてconfigure/makeを行う

user_ldapをインストール

LDAP(ActiveDirectory)との接続にownCloudのApps「user_ldap」を使います。
これは管理者でログイン直後の左上の「ファイル」プルダウンから「Market」を選択して
2017y06m26d_000848945.png
項目名「Integration」から「LDAP user...」からインストールされると思うのだが、こちらの環境では上手く動かなかった。
なので、手動にてインストールしています。

[root@c ~]# cd /var/www/owncloud
[root@c owncloud]#
[root@c owncloud]# sudo -u apache /opt/php/bin/php ./occ market:install user_ldap
user_ldap: Installing new app ...
user_ldap: App installed.
 
[root@c owncloud]#

*/var/www/owncloud/occは、1行目が「#!/usr/bin/env php」で始まる。phpのパスに留意
ここでは /opt/php/bin/php を加えて実行しています

これで、右上の「<ユーザ名>」プルダウンから「設定」を選び、
2017y06m26d_001351090.png
左メニューの「管理」->「アプリ」から「LDAP user and group backend」が表示される
2017y06m26d_001618169.png

これと同時に左メニューに「ユーザ認証」項目が追加される
2017y06m26d_002002214.png

この「ユーザ認証」を使ってsambaのADユーザをownCloudで利用できるようにします。

sambaの定義

「管理」メニューから「ユーザ認証」を開きます
2017y06m26d_002315771.png
ここでは下記のように定義しました

全体的にLDAP/サーバ参照を参照して、これらを定義した方が楽かも。
他「エキスパート設定」があるが、未設定です。
「詳細設定」画面にてディレクトリ設定項目の「ユーザー表示名のフィールド」は、普段使う際に表示されるユーザ名です。ログインアカウント名ではありません。フルネームとなる「displayName」がいいのかも知れないが、ログインアカウントと同じでいいなら「sAMAccountName」を指定します。

最新の60件
2024-04-19 2024-04-18 2024-04-17 2024-04-16 2024-04-15 2024-04-11 2024-04-06 2024-04-05 2024-03-30 2024-03-29 2024-03-19 2024-03-17 2024-03-15 2024-03-06 2024-03-05 2024-03-03 2024-02-23 2024-02-22 2024-02-21 2024-02-20 2024-02-19 2024-02-18 2024-02-17 2024-02-13 2024-02-12 2024-02-09 2024-02-04 2024-02-03 2024-01-31 2024-01-30 2024-01-29 2024-01-28 2024-01-22 2024-01-16 2024-01-13 2024-01-09 2024-01-08 2024-01-07 2024-01-03 2023-12-22 2023-12-17

edit


トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-26 (月) 00:45:50