ジョブ管理ノードににpbsproにて構築した「pbspro-server-14.1.2-0.x86_64.rpm」パッケージをインストール

もし既存でTorqeu/mauiらが稼動しているのなら停止して remove したほうが宜しいかと

[root@pbspro ~]# systemctl stop maui pbs_server
[root@pbspro ~]# systemctl disable maui pbs_server
[root@pbspro ~]# yum remove torque

そうしてからyumコマンドでパッケージをインストール
(この時、同時に「hesiod」「procmail」「sendmail」「postgresql-server」らがインストールされる)

[root@pbspro ~]# yum localinstall ./pbspro-server-14.1.2-0.x86_64.rpm

*「/etc/profile.d/pbs.{sh|csh}」が用意されるので、環境変数には要注意
そして途中に下記メッセージが表示される

 :
 :
*** PBS Installation Summary
***
*** Postinstall script called as follows:
*** /opt/pbs/libexec/pbs_postinstall server 14.1.2 /opt/pbs /var/lib/pbs postgres
***
*** No configuration file found.
*** Creating new configuration file: /etc/pbs.conf
*** Replacing /etc/pbs.conf with /etc/pbs.conf.14.1.2
*** /etc/pbs.conf has been created.
***
*** Registering PBS Pro as a service.
***
*** PBS_HOME is /var/lib/pbs
*** Creating new file /var/lib/pbs/pbs_environment
*** WARNING: TZ not set in /var/lib/pbs/pbs_environment
***
*** The PBS Pro server has been installed in /opt/pbs/sbin.
***
*** The PBS Pro scheduler has been installed in /opt/pbs/sbin.
***
*** The PBS Pro communication agent has been installed in /opt/pbs/sbin.
***
*** The PBS Pro MOM has been installed in /opt/pbs/sbin.
***
*** The PBS commands have been installed in /opt/pbs/bin.
***
*** End of /opt/pbs/libexec/pbs_postinstall
 :
 :
[root@c ~]#

どうやらインストール途中で /var/lib/pbs を調整してくれるみたい。(TORQUEで言うところの/var/lib/torqueかな)
startupは、init系で用意されているが、systemctlで実行させてみる

[root@pbspro ~]# systemctl start pbs

「journalctl -u pbs」コマンドで問題が無いかを確認します。
上記には「WARNING: TZ not set in /var/lib/pbs/pbs_environment」とあるので

[root@pbspro ~]# cat /var//lib/pbs/pbs_environment
PATH=/bin:/usr/bin
TZ="Asia/Tokyo"
 
[root@pbspro ~]#

と「TZ="Asia/Tokyo"」を追加した

起動の際「postgreSQL」サーバも同時にあがります

[root@pbspro ~]# ps -ef |grep postgres
postgres  2757     1  0 10:01 ?        00:00:00 /usr/bin/postgres -D /var/lib/pbs/datastore -p 15007
 :
[root@pbspro ~]#

とありますので、「/var/lib/pbs/datastore」を拠点としてpostgreSQLが稼動しているようです。

qmgr

起動直後のqmgrの中身を見ると

[root@pbspro ~]# /opt/pbs/bin/qmgr -c "p s"
#
# Create queues and set their attributes.
#
#
# Create and define queue workq
#
create queue workq
set queue workq queue_type = Execution
set queue workq enabled = True
set queue workq started = True
#
# Set server attributes.
#
set server scheduling = True                       <-- 「false」なら qeueu が実行されない
set server default_queue = workq
set server log_events = 511
set server mail_from = adm
set server query_other_jobs = True
set server resources_default.ncpus = 1
set server default_chunk.ncpus = 1
set server scheduler_iteration = 600
set server resv_enable = True
set server node_fail_requeue = 310
set server max_array_size = 10000
set server pbs_license_min = 0
set server pbs_license_max = 2147483647
set server pbs_license_linger_time = 31536000
set server license_count = Avail_Global:1000000 Avail_Local:1000000 Used:0 High_Use:0 Avail_Sockets:1000000 Unused_Sockets:1000000
set server eligible_time_enable = False
set server max_concurrent_provision = 5
[root@pbspro ~]#

と準備万端みたい

postgresqlデータベースに直接アクセスする(未完成)

postgreSQLのデータソースは「/var/lib/pbs/datastore/」に置かれて、アクセス制御は「pg_hba.conf」が司ります。
このファイルの中身を見ると、

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD
# IPv4 local connections:
local   all             all                                     md5
host    all             all             0.0.0.0/0               md5
host    all             all             127.0.0.1/32            md5
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 md5

とローカルのアクセスでさえ、md5の暗号化したパスワードで保護されています。その保護されているファイルは
「/var/lib/pbs/server_priv/db_password」なのですが、元のパスワードは何だったのか分かりません。

なので初期パスワードをリセットします。リセット方法は「pbs_ds_password」を使います。

[root@c ~]# pbs_ds_password -C postgres
Enter the password:
Re-enter the password:
 
---> Updated user password
---> Success
[root@c ~]#

と成功したら、マスターパスワード(postgres)が変更されました。
試しにアクセスしてみます。

[illya@c ~]$ psql -U postgres -p 15007 -l
ユーザ postgres のパスワード:
                                           データベース一覧
     名前      |  所有者  | エンコーディング |  照合順序   | Ctype(変換演算子) |      アクセス権
---------------+----------+------------------+-------------+-------------------+-----------------------
 pbs_datastore | postgres | SQL_ASCII        | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       |
 postgres      | postgres | SQL_ASCII        | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       |
 template0     | postgres | SQL_ASCII        | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres          +
               |          |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
 template1     | postgres | SQL_ASCII        | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres          +
               |          |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
(4 行)
 
[illya@c ~]$

とpbsproの管理データベースは「pbs_datastore 」だと分かります。
さらにこのデータベースに入って、テーブルの中身を調べると

pbs_datastore=# \d
リレーションがありません。
pbs_datastore=#

と言われるが、スキーマ pbs で全て用意されているようで

pbs_datastore=# \dn
   スキーマ一覧
  名前  |  所有者
--------+----------
 pbs    | postgres
 public | postgres
(2 行)
 
pbs_datastore=#

となる。
現在のスキーマからpbsスキーマに移って

pbs_datastore=# select current_schema();
 current_schema
----------------
 public
(1 行)
 
pbs_datastore=# SET search_path = pbs;
SET
pbs_datastore=#

テーブルを調べてみると、

pbs_datastore=# \d
                リレーションの一覧
 スキーマ |      名前      |     型     |  所有者
----------+----------------+------------+----------
 pbs      | info           | テーブル   | postgres
 pbs      | job            | テーブル   | postgres
 pbs      | job_attr       | テーブル   | postgres
 pbs      | job_scr        | テーブル   | postgres
 pbs      | mominfo_time   | テーブル   | postgres
 pbs      | node           | テーブル   | postgres
 pbs      | node_attr      | テーブル   | postgres
 pbs      | queue          | テーブル   | postgres
 pbs      | queue_attr     | テーブル   | postgres
 pbs      | resv           | テーブル   | postgres
 pbs      | resv_attr      | テーブル   | postgres
 pbs      | scheduler      | テーブル   | postgres
 pbs      | scheduler_attr | テーブル   | postgres
 pbs      | server         | テーブル   | postgres
 pbs      | server_attr    | テーブル   | postgres
 pbs      | subjob_track   | テーブル   | postgres
 pbs      | svr_id_seq     | シーケンス | postgres
(17 行)
 
pbs_datastore=#

と出てくる。

...これを使ってどのくらい使っているかを調べようとしたけど、、、currentしかない....


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-27 (火) 00:21:40 (22d)