インターネットのお外に出かけるのに proxy を要求される環境での設定云々

yum/dnf(RHEL7/8系)

単純に/etc/yum.confに追加でいいみたい

echo "proxy=http://10.10.0.254:3128" >> /etc/yum.conf

apt(ubuntu系)

vi /etc/apt/apt.conf.d/99proxy
 
Acquire::http::Proxy "http://10.10.0.254:3128";
Acquire::https::Proxy "http://10.10.0.254:3128";

あるいはaptを実行するユーザに環境変数「http_proxy」と「https_proxy」を加える

export http_proxy=http://10.10.0.254:3128
export https_proxy=http://10.10.0.254:3128

wget

システム全体に波及なら「/etc/wgetrc」に記載

echo "https_proxy=http://10.10.0.254:3128/" > /etc/wgetrc

wgetのコマンドの引数としてなら「-e」オプションでHTTPS_PROXYを追加

wget -e HTTPS_PROXY=http://10.10.0.254:3128 https://web.chaperone.jp/index.html

環境変数に記載なら

export http_proxy=http://10.10.0.254:3128/
export https_proxy=http://10.10.0.254:3128/

「apt」コマンドと同じ

curl

システム全体に波及なら「/etc/curlrc」に追記

proxy = "http://10.10.0.254:3128"

curlのコマンド引数にするなら「-x」で指定

curl http://web.chaperone.jp -x http://10.10.0.254:3128

環境変数なら

export http_proxy=http://10.10.0.254:3128/
export https_proxy=http://10.10.0.254:3128/

これで「apt」「wget」と共通

git

「git config」で定義

git config --global http.proxy http://10.10.0.254:3128

conda

「conda config」で定義

conda config --set proxy_servers.http http://10.10.0.254:3128
conda config --set proxy_servers.https http://10.10.0.254:3128

pip

pipのコマンド引数で対応するなら「--prpxy」を使用する

pip install scipion-installer --proxy http://10.10.0.254:3128

恒久的には「~/.pip/pip.conf」を用意する

vi ~/.pip/pip.conf
 
[global]
proxy = http://10.10.0.254:3128

R

環境変数なら

export https_proxy="http://10.10.0.254:3128"

の定義で行ける. これでこの設定方法は「apt」「wget」「curl」と同じに

恒久的なら

echo "https_proxy=http://10.10.0.254:3128/" >> ~/.Renviron

Singularity

環境変数なら

export http_proxy="http://10.10.0.254:3128"
export https_proxy="http://10.10.0.254:3128"

これでこの設定方法は「apt」「wget」「curl」「R」と同じに. 万能じゃね

コマンドラインでは

HTTP_PROXY=${HTTP_PROXY} HTTPS_PROXY=http://10.10.0.254:3128/ singularity build ...

cryoSPARC

参照cryoSPARC/memo#y33a1d77


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-01-23 (月) 23:16:27 (5d)