本webシステムで使っているCMSです.
本家様https://pukiwiki.osdn.jp/

SELinux

CentOS8でどうしてもSElinuxを有効にする必要が生じた。

SELINUX=disabled
  ↓
SELINUX=enforcing

と変更して、再起動を行ったら、こちらのpukiwikiページが下記のメッセージのみ表示するように
なってしまった。

Error message : 
 
Directory is not found or not writable (DATA_DIR)
Directory is not found or not writable (DIFF_DIR)
Directory is not found or not writable (BACKUP_DIR)
Directory is not found or not writable (CACHE_DIR)

原因はhttpdが書き込みをするのでそれがSELinuxの逆鱗に触れたのだろう。
っで、SELinuxに許しを請うように下記設定を(SELinuxに)加えた

[root@c ~]# yum install policycoreutils-python-utils
 
[root@c ~]# semanage fcontext -a -t httpd_sys_rw_content_t "/var/www/pukiwiki-1.5/(attach|backup|cache|diff|wiki)(/.*)?"
 
[root@c ~]# restorecon -R /var/www/pukiwiki-1.5/
 
[root@c ~]# semanage fcontext -l | grep pukiwiki
/var/www/pukiwiki-1.5/(attach|backup|cache|diff|wiki)(/.*)? all files          system_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0
 
[root@c ~]#

これで Pukiwiki も表示ができるようになった

カスタマイズ

ほとんどメモ

ユーザ認証

pukiwiki自身でユーザ管理表を持って対応するのもあるけど、sambaで作ったADやLDAPがあるならそこでユーザ認証してもらえる
設定方法はLDAP/memberOf参照

最新の60件
2024-06-17 2024-06-16 2024-06-14 2024-06-12 2024-06-11 2024-06-10 2024-06-08 2024-06-07 2024-06-02 2024-06-01 2024-05-30 2024-05-16 2024-04-26 2024-04-18 2024-04-15 2024-04-11 2024-04-06 2024-04-05 2024-03-30 2024-03-29 2024-03-19 2024-03-17 2024-03-15 2024-03-06 2024-03-05 2024-03-03 2024-02-23 2024-02-22 2024-02-21 2024-02-20 2024-02-19 2024-02-18 2024-02-13 2024-02-12 2024-02-09 2024-02-04 2024-02-03 2024-01-31 2024-01-30 2024-01-29 2024-01-28 2024-01-22 2024-01-16

edit


トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-07-08 (土) 01:23:24