TVS-472XTを購入した (2018年12月6日発表の製品)
https://www.qnap.com/ja-jp/product/tvs-472xt
M.2 PCIe NVMeスロットを内包して4つの3.5/2.5inch SATA AHCIリムーバブルスロットを持つ
M.2と3.5/2.5inchはフォームファクタを表して、PCIeとSATAは通信規格、NVMeとAHCIは論理インターフェースを表す

旧来使っていたqnapではできなかった仮想マシンを内包することができるのに期待.

qnap/performance

samba-ADの傘下に入る

そのままではうまく接続できなかった.
samba-ad側で /etc/hosts、/etc/krb5.confの修正が必要であった

[root@c ~]# vi /etc/hosts
127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost.sybyl.local    <--[localhost.sybyl.local]の追加
192.168.0.3  c.sybyl.local c
 :
[root@c ~]# vi /etc/krb5.conf
[libdefaults]
        default_realm = SYBYL.LOCAL
        dns_lookup_realm = true
        dns_lookup_kdc = true        <-- falseからtrueへ
[realms]
 SYBYL.LOCAL = {
  kdc = c.sybyl.local
  admin_server = c.sybyl.local
 }
[domain_realm]
  .sybyl.local = SYBYL.LOCAL
   sybyl.local = SYBYL.LOCAL
[root@c ~]#

ここでのsamba-adはetc/smb.confにて下記サービスで運用しています.
dnsの機能はdhcpと合わせてdnsmasqに任せてます

server services = s3fs, rpc, nbt, wrepl, ldap, cldap, kdc, drepl, winbindd, ntp_signd, kcc, dnsupdate  <--[dns]がない

仮想マシンを作る

比較的新しいqnapでないと作れないようです. torque/pbsサーバなど作るのがいいかと. samba-adはqnap側の機能で作れてしまいますから.
まず、qnapのAppCenterから「VirtualizationStation」をインストールします.
仮想マシンを作るとこんな感じになります
2020y02m10d_004105572.png
vmware ESXiに慣れていれば直感できるかな.

っで、仮想マシンの作り方ですが、


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-10 (月) 00:47:50 (224d)