http://www.rsnapshot.org/ から

rsnapshot is a filesystem snapshot utility for making backups of local and remote systems.
Using rsync and hard links, it is possible to keep multiple, full backups instantly available.
The disk space required is just a little more than the space of one full backup, plus incrementals.

ということらしい。btrfsやらzfsを用意しなくても使えるそうな感じ。

インストール

ソースからでもいいのだが pkgs.org で検索したらepelで提供されてたので、こちらを採用

[root@c ~]# yum --enablerepo=epel list |grep rsnapshot
rsnapshot.noarch                        1.3.1-12.el6                    epel
[root@c ~]# yum -y --enablerepo=epel install rsnapshot

っでどんなファイルがどこにインストールされたかは、rpm -qali | less で見れる。
(もっと他にいいコマンドがるかと思うのだが、、)
っで、

  • /etc/rsnapshot.conf
    設定ファイル
  • /usr/bin/rsnapshot /usr/bin/rsnapshot-diff
    実行ファイル

な感じみたい。

rsnapshot設定

設定ファイルを調整

[root@c ~]# vi /etc/rsnapshot.conf
snapshot_root   /opt/rsnapshot/        #バックアップファイルは/opt/rsnapshot/に置かれる。
 
interval        hourly  24             # hourly(1時間ごと)のバックアップを24個保持する
interval        daily   7              # daily(1日毎)のバックアップを7個保持する
interval        weekly  4              # weekly(1週単位)のバックアップを4個保持する
 
backup  /var/log/    localhost/log/    # このマシンの/var/logをlocalhost(このマシンの$snapshot_root/log/に置く)
backup  /etc/        localhost/etc/    # このマシンの/etcをlocalhost    (このマシンの$snapshot_root/etc/に置く)

crontab設定

rsnapshotのinterval設定を意識した設定が必要。上記ではhourly,daily,weeklyと分かりやすいような名称だが実際はなんでもいい。ただcrontabの設定時に引数として使うだけだから。

ここでのcron設定は下記になる。

[root@c ~]# crontab -e
00  *  *  *  *    /usr/bin/rsnapshot hourly
10  23  *  *  *    /usr/bin/rsnapshot daily
20  23  *  *  4    /usr/bin/rsnapshot weekly

リモートからファイルバックアップ

rsyncでバックアップしているので、複数台のリモートサーバの内容を一つのマシンに集約できる。
2013y10m10d_220201855.png


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-11 (金) 00:13:13 (1406d)