MacOSXマシンでNFSマウントを行ってみる

NFSサーバ側では

[root@c ~]# cat /etc/exports
/export 192.168.0.0/255.255.255.0(rw,insecure)
/home   192.168.0.0/255.255.255.0(rw,insecure,no_root_squash)
[root@c ~]#

としている。
そしてNFSクライアントとなる MacOSX側で

lion:~ supervisor$ sudo mkdir /export
 
lion:~ supervisor$ sudo mount -t nfs c.sybyl.local:/export /export
 
lion:~ supervisor$ df -H
Filesystem              Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/disk0s2             42G    11G    31G    27%    /
devfs                   187k   187k     0B   100%    /dev
map -hosts                0B     0B     0B   100%    /net
map auto_home             0B     0B     0B   100%    /home
map -fstab                0B     0B     0B   100%    /Network/Servers
c.sybyl.local:/export    48G    34G    14G    71%    /export
lion:~ supervisor$ 
lion:~ supervisor$ mount
/dev/disk0s2 on / (hfs, local, journaled)
devfs on /dev (devfs, local, nobrowse)
map -hosts on /net (autofs, nosuid, automounted, nobrowse)
map auto_home on /home (autofs, automounted, nobrowse)
map -fstab on /Network/Servers (autofs, automounted, nobrowse)
c.sybyl.local:/export on /export (nfs)
 
lion:~ supervisor$

となる。

NFSで/homeを共有する

samba/MacOSXにて /home は smbfs を使って共有させていた。
smbfsの代わりにnfsを使う場合を記す。

まずMacOSXの「ディレクトリユーティリティ」で「ActiveDirectoryからのUNCパスを使用してネットワークホームを設定」を無効にする。
2016y01m16d_115930654.png

MacOSXの /home は automount の管理下になっている

lion:~ supervisor$ cat /etc/auto_master
#
# Automounter master map
#
+auto_master		# Use directory service
/net			-hosts		-nobrowse,hidefromfinder,nosuid
/home			auto_home	-nobrowse,hidefromfinder
/Network/Servers	-fstab
/-			-static
lion:~ supervisor$

このままautomountの機能を継承させ、/homeの設定ファイル /etc/auto_home に 「* c.sybyl.local:/home/&」を加える

lion:~ supervisor$ sudo vi /etc/auto_home
#
# Automounter map for /home
#
+auto_home	# Use directory service
#
# Get /home records synthesized from user records
#
+/usr/libexec/od_user_homes
#
#
* c.sybyl.local:/home/&
lion:~ supervisor$

とりあえず、suコマンドでsamba由来ユーザになってみる

lion:~ supervisor$ su - illya
Password:
lion:~ illya$ pwd
/home/illya
 
lion:~ illya$ df -H
Filesystem                  Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/disk0s2                 42G    11G    31G    27%    /
devfs                       186k   186k     0B   100%    /dev
map -hosts                    0B     0B     0B   100%    /net
map auto_home                 0B     0B     0B   100%    /home
map -fstab                    0B     0B     0B   100%    /Network/Servers
c.sybyl.local:/home/illya    57G    19G    36G    35%    /home/illya
 
lion:~ illya$ mount
/dev/disk0s2 on / (hfs, local, journaled)
devfs on /dev (devfs, local, nobrowse)
map -hosts on /net (autofs, nosuid, automounted, nobrowse)
map auto_home on /home (autofs, automounted, nobrowse)
map -fstab on /Network/Servers (autofs, automounted, nobrowse)
c.sybyl.local:/home/illya on /home/illya (nfs, nodev, nosuid, automounted, nobrowse)
 
lion:~ illya$

とautomountが有効になって、nfsでユーザディレクトリをmountしている。

staticでNFS mountを行いたい

mountコマンドではその時だけ static な NFS mount になるが、再起動すれば元に戻ってしまう。
対処として、automountのまま恒久的なstatic mountのように見せる工夫を入れてみた

はじめに、c.sybyl.localの/exportと/homeをnfs mountをするに、

lion:~ supervisor$ sudo vi /etc/auto_master
#
# Automounter master map
#
+auto_master		# Use directory service
/net			-hosts		-nobrowse,hidefromfinder,nosuid
##/home			auto_home	-nobrowse,hidefromfinder    # /homeエントリーを無効化
/Network/Servers	-fstab
/-			-static
/-                      auto_nfs        # 新たに auto_nfs を作成
 
lion:~ supervisor$

と/etc/auto_masterの規定の/homeをはずして、新たに(/)に auto_nfsを追加する
そして、このauto_nfsは下記のように定義する

lion:~ supervisor$ mkdir /export /home
lion:~ supervisor$ sudo vi /etc/auto_nfs
/export                c.sybyl.local:/export
/home                  c.sybyl.local:/home
 
lion:~ supervisor$

そしてMacOSXを再起動する。あるいは下記のようにautomountを実行する

lion:~ supervisor$ sudo automount -vc

これでstaticでnfsマウントができます

*/homeのACLsには要注意


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-21 (水) 01:42:20 (62d)