作ったsybylドメインにwindowsマシンを参加させてみる。
2015y09m29d_233638914.png

ドメイン参加権限の移譲 samba4/接続
参照: https://wiki.samba.org/index.php/Delegating_administrative_permissions_to_non-administrators

手順(windows7)

Administrators権限を有するユーザでの操作が必要。PowerUsers権限では無理。
[スタート]から[プログラムとファイルの検索]にて「SystemPropertiesComputerName.ext」を実行する
開いた「システムのプロパティ」画面で「コンピュータ名を変更したりドメインに参加したりするには....」の「変更...」をクリックする。
2015y03m10d_212303920.png
「コンピューター名/ドメイン名の変更」画面から「所属するグループ」欄に於いて、
「ドメイン」を選択してsybyl.localと入力して、「OK」ボタンを押下する。
2015y03m10d_212713463.png
すると、ドメインに参加するためのアクセス許可のあるアカウントとパスワードが求められる。
ActiveDirectoryドメインコントローラを調整することで、特定のユーザにその権限が与えられるが、
ここではドメインコントローラのadministratorで行う。
*パスワードはprovisionの際に使用したパスワードである
2015y03m10d_213015118.png

アカウントとパスワードの認証が正しければ、
2015y03m10d_213133798.png
と表示され、無事、このwindows7マシンはsybyl.localドメインに参加できた。

ドメインにログインするか、ローカルマシンにログインするかはログイン名の場所で定まる。
ドメインのadministraotrでログインしたければ、sybyl\administratorとアカウント名を付ける。
ローカルのアカウントでログインしたければ、.\supervisorとアカウントの前に.\を付けるか、マシン名を先頭に付ける(fm\supervisor)
2015y03m10d_213835174.png

windowsマシン起動時にドメインログオンするには

ドメインに入る前なら、起動すれば何もせずともログインされた状態で、即座に使用できる。
でもドメインに入ったため、ログイン認証が必要になり、その認証操作が面倒だったりする。

っで、このAutologonツールを適用すると、起動すれば特定のユーザでログインされた形まで自動で行ける。

入手先 https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb963905.aspx
ダウンロードした AutoLogon.zip を展開させ、
2015y03m29d_104429113.png
中にある「Autologon.exe」を起動します。
起動直後にライセンス許諾を求められ、ライセンスを許諾するなら「Agree」ボタンを押します。
すると誰がwindowsマシンに自動ログインにするかを指定する画面が表示される。
ここでは下記の様に「illya」をマシン起動時にドメイン認証させようとしている。
2015y03m29d_132430242.png
っが、ここで重要なのは、このAutologonツールはレジストリを直接調整します。
なので、もしこのツールを使う方がレジストリを直接編集できないのなら
2015y03m29d_132618395.png
とエラーになります。
このwindowsマシンの管理者権限で実行すると下記のようなメッセージが表示され、
2015y03m29d_133232763.png
次回windows起動時に自動的にそのユーザでドメインログオンされます。

*留意
指定以外のユーザで使用したい場合は、自動ログイン後に「ログアウト」して別ユーザでログインするか、起動時に「Shift」キーをずっと押していれば通常のログイン画面になります


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-29 (火) 23:46:47 (689d)