パッケージインストール

それぞれのrpmファイルに何が入っているかはrpm -qlpiにて確認できる
管理ノード、計算ノード、ジョブ投入ノードで必要なパッケージは下記でよさげ。全部入れても構わない。

パッケージSummary備考管理ノード計算ノードジョブ投入ノードSlurmdbdノード
slurmSlurm Workload Manager基本キット
slurm-slurmctldSlurm controller daemon管理デーモン
slurmctld.service
---
slurm-slurmdSlurm compute node daemon計算ノードデーモン
slurmd.service
---
slurm-pam_slurmPAM module for restricting access
to compute nodes via Slurm
pam_slurm.so
pam_slurm_adopt.so
---
slurm-torqueTorque/PBS wrappers for transitition
from Torque/PBS to Slurm
ラッパープログラム
qsub,qstatとか
slurm-perlapiが必須
---
slurm-openlavaopenlava/LSF wrappers for transitition
from OpenLava/LSF to Slurm
ラッパープログラム
slurm-perlapiが必須
---
slurm-slurmdbdSlurm database daemonsystemctl対応
slurmdbd
---
slurm-sqlSlurm SQL support----

ほかslurm-APIパッケージの「slurm-perlapi」、開発環境向けの「slurm-devel」、ツール類「slurm-contribs」がある.

Obsoletes: slurm-lua slurm-munge slurm-plugins

*複数のqlurmクラスターを持ってデータベースで一元的にジョブの投入状況を見たいならslurm-slurmdbdらが必要みたい。ここではファイルベースでまずは試したいのでslurm-slurmdbdらを使わずに構築を進めてみる。


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-17 (土) 19:36:43 (18d)