2. 計算ノードにslurmをインストール

rpmパッケージを計算ノードにコピーしてインストール。
品目は管理ノードと同じでOKみたい。
*epelのmungeはインストール済みとします

[root@n1 ~]# yum install epel-release
 
[root@n1 ~]# yum localinstall \
               slurm-slurmd-20.11.5-1.el7.x86_64.rpm \
               slurm-20.11.5-1.el7.x86_64.rpm
 
[root@n1 ~]# mkdir -p              /var/spool/slurm  /etc/slurm
[root@n1 ~]# chown slurmuser:slurm /var/spool/slurm  /etc/slurm

設定ファイルはslurmサイトのを引き継ぐ

[root@slurm ~]# scp /etc/slurm/slurm.conf root@n1:/etc/slurm/slurm.conf

firewallの穴を空ける.
使っているport は TCP:6818 なので

[root@n1 ~]# firewall-cmd --add-port=6818/tcp --zone=public --permanent
[root@n1 ~]# firewall-cmd --reload

そして計算ノードを稼働させる

[root@n1 ~]# systemctl enable munge slurmd
[root@n1 ~]# systemctl start munge slurmd

*他全ての計算ノードも同じように設定する。
考えるに、、、slurm.confの共通が求められるって計算ノードはdisklessClusterを念頭にしているような..

メモ

rshは不要.
しかも ssh ログインもroot以外要で構わない.

[root@n1 ~]# vi /etc/ssh/sshd_config
 :
 :
AllowUsers root
 
[root@n1 ~]#
[root@n1 ~]# systemctl restart sshd

トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-19 (月) 02:24:16 (101d)