本家様 https://www.ubuntulinux.jp/

本ページは ubuntu-16.04 serverの構築について記載してます。ubuntu18.04ならこちら参照 ubuntu/18.04

過去ubuntu160813

物理マシンにOSをインストールしてみた。
まずはisoファイルを入手して、USBメモリに焼く

[root@c ~]# curl -O ftp://ftp.riken.jp/Linux/ubuntu-releases/xenial/ubuntu-16.04-server-amd64.iso
[root@c ~]# dd if=./ubuntu-16.04-server-amd64.iso of=/dev/sdb bs=512k

ここではserver版(64bit)を入手しました
*windowsPCにisoファイルを持っていって、Win32 Disk ImagerなどでUSBメモリに焼いても構わない。参照isoファイル

software-RAIDHBA#rd382620

version確認

「lsb_release -a」とか「cat /etc/os-release」で確認

root@e:~# lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 16.04.3 LTS
Release:        16.04
Codename:       xenial
 
root@e:~# cat /etc/os-release
NAME="Ubuntu"
VERSION="16.04.3 LTS (Xenial Xerus)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 16.04.3 LTS"
VERSION_ID="16.04"
HOME_URL="http://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="http://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="http://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
VERSION_CODENAME=xenial
UBUNTU_CODENAME=xenial
root@e:~#

rootアカウントの有効化

セキュアにするためにrootユーザはあるものの、「sudo su -」とかでやっとなれる。
またsshでの接続受けは「PermitRootLogin without-password」となっている
*without-password: password authentication is disabled for root

なのでroot有効化のために、rootのパスワードを定義して、

illya@e:~$ sudo su -
[sudo] illya のパスワード:
root@e:~# passwd
新しい UNIX パスワードを入力してください:
新しい UNIX パスワードを再入力してください:
passwd: password updated successfully
root@e:~#

その後に、ssh接続を許可させる

root@e:~# vi /etc/ssh/sshd_config
 -PermitRootLogin prohibit-password
 +PermitRootLogin yes
root@e:~# 
root@e:~# systemctl restart sshd

これでrootアカウントでログインができる

update

ログイン直後に下記のようなメッセージが表示される

Welcome to Ubuntu 16.04.3 LTS (GNU/Linux 4.4.0-87-generic x86_64)
 
 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage
 
105 個のパッケージがアップデート可能です。
51 個のアップデートはセキュリティアップデートです。

下記コマンドでupdateを行う

root@e:~# apt update
 
root@e:~# apt upgrade
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています... 完了
以下のパッケージは保留されます:
  libdrm2 linux-generic linux-headers-generic linux-image-generic
以下のパッケージはアップグレードされます:
  apparmor apport bind9-host ca-certificates cloud-initramfs-copymods
   :
アップグレード: 96 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 4 個。
114 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 60.9 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] y
 
root@e:~#
root@e:~# apt full-upgrade
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libdrm-common linux-headers-4.4.0-109 linux-headers-4.4.0-109-generic linux-image-4.4.0-109-generic linux-image-extra-4.4.0-109-generic
以下のパッケージはアップグレードされます:
  libdrm2 linux-generic linux-headers-generic linux-image-generic
アップグレード: 4 個、新規インストール: 5 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
68.7 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 298 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] y
 
root@e:~#

開発環境とか

root@e:~# apt install build-essential
 
root@e:~# apt install nfs-common
 
root@e:~# apt install xserver-xorg xserver-xorg-dev

yumとapt

項目yumapt備考
パッケージ更新yum updateapt upgradeパッケージのインデックスの更新は「apt update」
パッケージ検索yum searchapt search
パッケージに含まれるファイルの検索yum providesapt-file search「apt install apt-file」が必要
パッケージのインストールyum installapt install
パッケージの削除yum removeapt remove
パッケージの情報yum infoapt show
インストール済みパッケージのリストyum list installeddpkg -l
rpm/debファイルのインストールyum localinstallgdebi「aptinstall gdebi」

apt-file使い方

root@e:~# apt update
root@e:~# apt install apt-file
root@e:~# apt-file update
 
root@e:~# apt-file search sbin/samba
samba: /usr/sbin/samba
samba: /usr/sbin/samba_dnsupdate
samba: /usr/sbin/samba_spnupdate
samba: /usr/sbin/samba_upgradedns
samba-common-bin: /usr/sbin/samba_kcc
 
root@e:~#

hw-raidでのベンチ

ubuntu/hw-raid

network周り

基本centos7と同じっぽい
参照先https://help.ubuntu.com/lts/serverguide/network-configuration.html

root@e:~# ip link
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: enp3s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether d0:50:99:c2:a0:eb brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: enp4s0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc mq state DOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether d0:50:99:c2:a0:ec brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: enp1s0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc mq state DOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether b0:6e:bf:aa:21:16 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
 
root@e:~# ip route
default via 192.168.0.1 dev enp3s0
192.168.0.0/24 dev enp3s0  proto kernel  scope link  src 192.168.0.6
 
root@e:~#

「enp1s0」にipをつける

root@e:~# vi /etc/network/interfaces
 :
 :
auto enp1s0
  iface enp1s0 inet static
  address 192.168.1.1
  network 192.168.1.0
  netmask 255.255.255.0
  broadcast 192.168.1.255
root@e:~#
root@e:~# ifup enp1s0
root@e:~# ip route
default via 192.168.0.1 dev enp3s0
192.168.0.0/24 dev enp3s0  proto kernel  scope link  src 192.168.0.6
192.168.1.0/24 dev enp1s0  proto kernel  scope link  src 192.168.1.1 linkdown

ipv6の無効化

する必要は微妙だけど

root@e:~# vi /etc/sysctl.conf
 :
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
 
root@e:~#
root@e:~# sysctl -p

トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-22 (月) 14:05:56 (331d)