ubuntu server 18.04

OSインストール後のセットアップ
OSインストールは他のサイトをご参照下さい

sudo権限を付与したい

単純に

usermod -aG sudo <ユーザ名>

「-a」を省くとサブグループがsudoグループのみになるので注意
それと、この設定を有効にするにはログアウト、もしく再起動しないと無理な気がする

nisクライアントにしたがnisユーザがログインできない...

https://askubuntu.com/questions/1031022/using-nis-client-in-ubuntu-18-04-crashes-both-gnome-and-unity
から
/lib/systemd/system/systemd-logind.service

「IPAdressDeny=Any」を無効化(先頭に#を入れて)再起動で行ける

welcome screenを削除したい

「apt remove gnome-initial-setup」
あるいは「/etc/gdm3/custom.conf」にて[daemon]欄に「InitialSetupEnable=false」を入れる。
もしくは「/etc/xdg/autostart/gnome-inital-setup-first-login.desktop」にてEXEC行を無効化する

これでローカルにユーザアカウントがなくてもユーザ指定欄が表示される。

rootでログインしたい

net経由でログインしたいなら、後述の「/etc/ssh/sshd_config」を修正する
Desktopにrootとしてログインしたいなら、/etc/gdm3/custom.conf の[security]欄に「AllowRoot=true」を加え、
PAMで制限されている「/etc/pam.d/gdm-password 」の3行目あたりの
「auth required pam_succeed_if.so user != root quiet_success」で先頭行「#」を入れて無効化する。
それでrebootすれば完了。
あとrootでログイン直後に何か言われるが、「/root/.profile」を修正して完了。
修正内容は下記参照

参照先https://www.ubuntu18.com/ubuntu-enable-root/

ロケールを変更

現在の設定値は「cat /etc/default/local」にて確認可能
変更できるロケールは「locale -a」から選べる
変更は
「update-locale LANG=en_US.utf8」とかで変更される。その後reboot

ネットワーク関係

2つあるみたい
Ubuntu Server 18.04 LTSなら標準でnetplan
「/etc/netplan/50-cloud-init.yaml」ファイルを編集して

netplan apply

で反映される。

Ubuntu Desktop 18.04 LTSなら標準でNetwork-Manager
nmtuiが使える。
*CentOS系でも使っている形態

そいつはServer版?それともDesktop版?

別段区別は不要かな。Server版からDesktop機能を後付けできますから。
ネットワークの設定関係とかで違いがあるので「NetworkManager」のあるなし位でしょうか
「/etc/lsb-release」を見ても差がありませんね

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=18.04
DISTRIB_CODENAME=bionic
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 18.04.3 LTS"

ネットワーク関係-openssh

Desktop系だとsshが入ってなく、初回から外部からアクセスが拒否される。

apt install openssh-server

で外部からssh接続が可能になる。server版は初回から外部からssh接続はOKみたい。

ネットワーク関係-netplan

固定IPアドレスを振るには「/etc/netplan/50-cloud-init.yaml」を下記のように変更

network:
   ethernets:
       ens32:
           addresses: [192.168.0.1/24]
           nameservers:
                  addresses: [192.168.0.1]
           dhcp4: false
   version: 2

ネットワーク関係-Network-Manager

Desktop系ならNetwork-Managerを使うのだが、その使い方は netplan を経由しているようで、

illya@ubuntu:~$ cat /etc/netplan/01-network-manager-all.yaml
# Let NetworkManager manage all devices on this system
network:
  version: 2
  renderer: NetworkManager
 
illya@ubuntu:~$

と内部で「NetworkManager」に渡している。なので「nmtui」コマンドで簡単操作なip設定は可能。
また「systemd-resolved.service」も稼働していて
「local DNS stub listener」が有効になっている。
「NetworkManager」での変更とかは「/etc/NetworkManager/system-connections」に記載される。

local DNS stub listener をやめる

「/etc/resolv.conf」を見ると

nameserver 127.0.0.53

とある。CentOSから来た私はため息が止まらない
systemd-resolved が提供する「local DNS stub listener」機能なのだが、これは
「/etc/systemd/resolved.conf」で制御される。もし使いたくないのなら
「/etc/systemd/resolved.conf」の「DNSStubListerner=yes」を「no」にして
systemd-resolvedを再起動する。

そして、「/etc/resolv.conf」であるが実態は

readlink -f /etc/resolv.conf
/run/systemd/resolve/stub-resolv.conf

と「stub-resolv.conf」にリンクされている。「/run/systemd/resolve/」には
「stub-resolv.conf」のほかに「resolv.conf」がある。
内容は「nameserver 192.168.0.1」と記載されている。

root有効化

sudo passwd root
sudo vi /etc/ssh/sshd_config
 PermitRootLogin yes         --> [prohibit-password]から[yes]として有効にする
 
sudo systemctl restart sshd

一旦セットアップ用アカウントから抜けて、rootでログインし直す。

[illya@c ~]$ ssh -l root e
root@e:~# vi /etc/apt/sources.list                         --> [universe]を追加
 deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic main universe
 deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-security main universe
 deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates main universe
 
root@e:~# apt update
root@e:~# apt -y upgrade
root@e:~# apt -y install cmake build-essential mpi-default-bin mpi-default-dev libtiff-dev libfftw3-dev fluid \
 xserver-xorg-dev libtiff-dev
 
root@e:~# apt -y install ncurses-dev libjpeg62-dev tcsh csh
root@e:~#

ディスクトップ環境を使うなら、引き続き

root@e:~# apt -y install ubuntu-desktop

自動update禁止

自動的に最新の構成にしてくれるのはありがたいのだが、cudaを入れた環境では場合によってはcudaが利用できなくなる場合がある。
なので自動更新を停止させてみる

root@e:~# vi /etc/apt/apt.conf.d/20auto-upgrades
APT::Periodic::Update-Package-Lists "0";          <-- ここの値を「0」にする
APT::Periodic::Unattended-Upgrade "0";            <-- ここの値を「0」にする

ホスト名を変更する

初期のホスト名から変更する際

root@moon:~# hostnamectl set-hostname ubuntu-esxi

としても一見変更されように見えるが、、再起動すると元に戻る。。。
なお「/etc/hostname」を修正しても同じく、再起動すると戻ってしまう....
っで、どうやら「/etc/cloud/cloud.cfg」のpreserve_hostnameをfalseからtrueに変更する

root@moon:~# vi /etc/cloud/cloud.cfg
-preserve_hostname: false
+preserve_hostname: true

そうして、

root@moon:~# hostnamectl set-hostname ubuntu-esxi

を実行する。そうすると再起動しても元に戻らない。

visudoでeditorがGNU nano。。。viを使いたい

単純に「vi /etc/sudoers」でいいのでは?っとなるが、お作法に従いvisudoを使いたい。っでGNU nanoは知らんのでviへ変更
update-alternatives」コマンドを使うようで、

root@ubuntu-esxi:~# update-alternatives --config editor
There are 4 choices for the alternative editor (providing /usr/bin/editor).
 
  Selection    Path                Priority   Status
------------------------------------------------------------
* 0            /bin/nano            40        auto mode
  1            /bin/ed             -100       manual mode
  2            /bin/nano            40        manual mode
  3            /usr/bin/vim.basic   30        manual mode
  4            /usr/bin/vim.tiny    15        manual mode
 
Press <enter> to keep the current choice[*], or type selection number: 3   <--- ここでは「3」を選んだ
update-alternatives: using /usr/bin/vim.basic to provide /usr/bin/editor (editor) in manual mode

選択肢から使いたいeditorを選ぶ。ここでは「3」を選ぶ

sysstatを使う

システムの稼働状態を見るためにsysstatを入れたのだが、そのままだと動かないみたい....

root@ubuntu-esxi:~# vi /etc/default/sysstat
-ENABLED="false"
+ENABLED="true"

が必要だった....

cuda-9.2インストール

ubuntu18.04に対応しているのは cuda10 から.
でもcuda9.2のrunファイルでもそのままインストール可能みたい

root@e:~# ./cuda_9.2.148_396.37_linux.run
(設問)
  accept/decline/quit: accept         <-- [accept]と入力
  You are attempting to install on an unsupported configuration. Do you wish to continue?
    (y)es/(n)o [ default is no ]: y   <-- [y]と入力
  Install NVIDIA Accelerated Graphics Driver for Linux-x86_64 396.37?
    (y)es/(n)o/(q)uit: y              <-- [y]と入力
  Do you want to install the OpenGL libraries?
    (y)es/(n)o/(q)uit [ default is yes ]: y <-- [y]と入力
  Do you want to run nvidia-xconfig?
    (y)es/(n)o/(q)uit [ default is no ]:  y <-- [y]と入力
  Install the CUDA 9.2 Toolkit?
    (y)es/(n)o/(q)uit: y <-- [y]と入力
  Enter Toolkit Location
    [ default is /usr/local/cuda-9.2 ]:    <-- そのままリターンキーを押下
  Do you want to install a symbolic link at /usr/local/cuda?
    (y)es/(n)o/(q)uit: y                   <-- [y]と入力
  Install the CUDA 9.2 Samples?
    (y)es/(n)o/(q)uit: n                   <-- [n]と入力

debパッケージならちょいと注意が必要

root@e:~# dpkg -i cuda-repo-ubuntu1710-9-2-local_9.2.148-1_amd64.deb
root@e:~# apt-key add /var/cuda-repo-9-2-local/7fa2af80.pub
root@e:~# apt-get -o Dpkg::Options::="--force-overwrite" install cuda-9-2     <--注意

参照先: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/nvidia-graphics-drivers-390/+bug/1753796

留意
cudaライブラリをインストールするとグラフィックドライバもインストールされます。
cudaライブラリを入れてnvidiaビデオドライバーもインストールすると場合によってはcudaアプリが動きません。
cudaライブラリ内のnvidiaドライバーよりも最新なnvidiaビデオドライバーなら問題ないかもしれないが、要注意。

留意2
この後再起動しても「lsmod」に「nouveau」が残る場合は、

root@e:~# rmmod nouveau
root@e:~# apt -y install dracut-core

とする。「dracut-core」で自動で現状の(nouveauが外れた)initrdを作ります。
もし「rmmod nouveau」を忘れたのなら「rmmod nouveau」を実行後に「dracut」を実行します。

留意3
ldconfigの設定がない場合、下記を実行する

root@e:~# echo /usr/local/cuda-9.2/lib64 > /etc/ld.so.conf.d/cuda-9-2.conf
root@e:~# ldconfig

cuda-9.1、cuda-9.0、cuda-8.0

これらはrunファイルからファイルをToolkitだけを取り出してインストールします。
参照先: http://home.hatanaka.info/article/460497652.html

cuda9.1

root@e:~# chmod +x cuda_9.1.85_387.26_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.1.85_387.26_linux.run --extract=/usr/local/src
root@e:~# mkdir /usr/local/cuda-9.1
root@e:~# mv /usr/local/src/cuda-linux.9.1.85-23083092.run /usr/local/cuda-9.1/
root@e:~# ( cd /usr/local/cuda-9.1 && ./cuda-linux.9.1.85-23083092.run --tar mxvf && rm cuda-linux.9.1.85-23083092.run )
 
root@e:~# echo /usr/local/cuda-9.1/lib64 > /etc/ld.so.conf.d/cuda-9-1.conf
root@e:~# ldconfig
 
(patch)
root@e:~# chmod +x cuda_9.1.85.1_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.1.85.1_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.pl
 
root@e:~# chmod +x cuda_9.1.85.2_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.1.85.2_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.p
 
root@e:~# chmod +x cuda_9.1.85.3_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.1.85.3_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.p

*正直patch3だけで十分なのかもしれないが、全部適用している。まあ更新ファイルを確認すればいいのだけど

cuda9.0

root@e:~# chmod +x cuda_9.0.176_384.81_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.0.176_384.81_linux.run --extract=/usr/local/src
root@e:~# mkdir /usr/local/cuda-9.0
root@e:~# mv /usr/local/src/cuda-linux.9.0.176-22781540.run /usr/local/cuda-9.0/
root@e:~# ( cd /usr/local/cuda-9.0 && ./cuda-linux.9.0.176-22781540.run --tar mxvf && rm ./cuda-linux.9.0.176-22781540.run )
 
root@e:~# echo /usr/local/cuda-9.0/lib64 > /etc/ld.so.conf.d/cuda-9-0.conf
root@e:~# ldconfig
 
(patch)
root@e:~# chmod +x cuda_9.0.176.1_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.0.176.1_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.pl --silent --accept-eula
 
root@e:~# chmod +x cuda_9.0.176.2_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.0.176.2_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.pl --silent --accept-eula
 
root@e:~# chmod +x cuda_9.0.176.3_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.0.176.3_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.pl --silent --accept-eula
 
root@e:~# chmod +x ./cuda_9.0.176.4_linux.run
root@e:~# ./cuda_9.0.176.4_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.pl --silent --accept-eula

cuda8.0

root@e:~# chmod +x cuda_8.0.61_375.26_linux.run
root@e:~# ./cuda_8.0.61_375.26_linux.run --extract=/usr/local/src
root@e:~# mkdir /usr/local/cuda-8.0
root@e:~# mv /usr/local/src/cuda-linux64-rel-8.0.61-21551265.run /usr/local/cuda-8.0/
root@e:~# ( cd /usr/local/cuda-8.0 && ./cuda-linux64-rel-8.0.61-21551265.run --tar mxvf && rm cuda-linux64-rel-8.0.61-21551265.run )
 
root@e:~# echo /usr/local/cuda-8.0/lib64 > /etc/ld.so.conf.d/cuda-8-0.conf
root@e:~# ldconfig
 
(patch)
root@e:~# chmod +x ./cuda_8.0.61.2_linux.run
root@e:~# ./cuda_8.0.61.2_linux.run --tar mxvf
root@e:~# ./install_patch.pl --silent --accept-eula

server版のインストール

nvidiaカードが搭載され、そこからモニターに接続している。モニターの解像度の問題だと思うのだが、
GRUBの下記画面で「Install Ubuntu Server」の選択後、
2018y10m05d_224243264.png
ほどなく画面が砂嵐でインストールできない状態となった。

成功した回避策は、上記GRUBの画面が表示された後、[c]キー押下してGRUBコマンドプロンプトを表示させ、
その後exitを実行する。これでUEFIモードから離れ、BIOSモードなインストール画面に移る。
その際、下記のような画像が画面下部に表示される。
2018y10m05d_224728459.png

ここでなんでもいいからキーを押下する。
すると下記画面になる。
2018y10m05d_225904982.png

ここで日本語を選択した後に「F6」キーを押下して「nomodest」を有効にさせる。
2018y10m05d_230220664.png
砂嵐な画面になる事無くインストールを進められるが、この場合CUIで行われる...
nvidiaカードでGUIでインストール操作ができる方法があるかもしれないけど...

server版インストール後の作業

apt-get update
apt-get upgrade
 
(gnome desktop環境の構築,ただしoffice環境もインストールされる)
apt-get install ubuntu-desktop

server版にtamviewerをインストール

現行(1810)のteamviewer最新版は「13.2.26559」であるが、そもそもサポートOSではない。対象は「Ubuntu 16.04 and derivates (e.g. Kubuntu).」とある
インストールを実施すると下記のように言われる。

sudo apt install ./teamviewer_13.2.26559_amd64.deb
 :
 :
以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
 teamviewer : 依存: libqt5qml5 (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
              依存: libqt5quick5 (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
              依存: libqt5webkit5 (>= 5.1.1) しかし、インストールすることができません
              依存: libqt5x11extras5 (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
              依存: qtdeclarative5-qtquick2-plugin (>= 5.2) しかし、インストールすることができません または
                      qml-module-qtquick2 (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
              依存: qtdeclarative5-controls-plugin (>= 5.2) しかし、インストールすることができません または
                      qml-module-qtquick-controls (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
              依存: qtdeclarative5-dialogs-plugin (>= 5.2) しかし、インストールすることができません または
                      qml-module-qtquick-dialogs (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
              依存: qtdeclarative5-window-plugin (>= 5.2) しかし、インストールすることができません または
                      qml-module-qtquick-window2 (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
              依存: qtdeclarative5-quicklayouts-plugin (>= 5.2) しかし、インストールすることができません または
                      qml-module-qtquick-layouts (>= 5.2) しかし、インストールすることができません
E: 問題を解決することができません。壊れた変更禁止パッケージがあります。

回避方法であるが、インストール可能なソフトウエアを緩める。「software & updates(ソフトウエアとアップデート)」を開く
2018y10m06d_044957524.png
「Ubuntuのソフトウエア」タブから「コミュニティによってメンテナンスされるフリー/オープンソースソフトウエア(Universe )」を有効にする
2018y10m06d_045536684.png
これで「tamviewer 13」はインストール可能となる。

sudo apt install ./teamviewer_13.2.26559_amd64.deb

単に「/etc/apt/sources.list」を修正して、「universe」を追加すれば足りるみたい

deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic main universe
deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-security main universe
deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates main universe

loginメッセージ(message of today:motd)が不要

ログインするたびに下記のようなメッセージが流れる。

[saber@c ~]$ ssh -l foo ubuntu
foo@ubuntu's password:
Welcome to Ubuntu 18.04.1 LTS (GNU/Linux 4.15.0-36-generic x86_64)
 
 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage
 
  System information as of Sun Oct  7 03:35:21 UTC 2018
 
  System load:  0.0                Processes:           102
  Usage of /:   1.9% of 125.44GB   Users logged in:     0
  Memory usage: 83%                IP address for eth0: 192.168.0.68
  Swap usage:   0%
 
 
0 packages can be updated.
0 updates are security updates.
 
 
Last login: Sun Oct  7 03:31:34 2018 from 192.168.0.3
foo@ubuntu:~$

これは「/etc/update-motd.d」に書かれたスクリプトを順に出している

root@ubuntu:~# ls -l /etc/update-motd.d/
total 48
-rwxr-xr-x 1 root root 1220 Apr  9 11:10 00-header
-rwxr-xr-x 1 root root 1157 Apr  9 11:10 10-help-text
lrwxrwxrwx 1 root root   46 Jul 25 23:02 50-landscape-sysinfo -> /usr/share/landscape/landscape-sysinfo.wrapper
-rwxr-xr-x 1 root root 4264 Aug 19 23:44 50-motd-news
-rwxr-xr-x 1 root root  604 Mar 21  2018 80-esm
-rwxr-xr-x 1 root root 3017 Mar 21  2018 80-livepatch
-rwxr-xr-x 1 root root   97 Jun 27 07:58 90-updates-available
-rwxr-xr-x 1 root root  299 May 18  2017 91-release-upgrade
-rwxr-xr-x 1 root root  129 Jun 27 07:58 95-hwe-eol
-rwxr-xr-x 1 root root  111 Oct 27  2017 97-overlayroot
-rwxr-xr-x 1 root root  142 Jun 27 07:58 98-fsck-at-reboot
-rwxr-xr-x 1 root root  144 Jun 27 07:58 98-reboot-required
root@ubuntu:~#

この表示を抑止したいなら、「/etc/pam.d/sshd」の設定を下記のように変更するか、

@@ -30,8 +30,8 @@
 # Print the message of the day upon successful login.
 # This includes a dynamically generated part from /run/motd.dynamic
 # and a static (admin-editable) part from /etc/motd.
-session    optional     pam_motd.so  motd=/run/motd.dynamic
-session    optional     pam_motd.so noupdate
+#session    optional     pam_motd.so  motd=/run/motd.dynamic
+#session    optional     pam_motd.so noupdate
 
 # Print the status of the user's mailbox upon successful login.
 session    optional     pam_mail.so standard noenv # [1]

「/etc/update-motd.d/」を修正もしくは削除する。


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-26 (水) 12:26:32 (97d)