usbメモリーなお話

64GBのusbメモリーを購入
これをwindowsマシンに挿入すると
2018y03m07d_234821467.png
と認識される。
FAT32なのでそのままLinuxにもvfatとしてmount可能であるが、FAT32の制限で
1ファイルのサイズは 最大4GBまで。それ以上は無理。(ドライブの最大領域は2TB)

イメージ画像をtarでまとめると4GBでは使えない。
っとなるとexFAT規格を使うことになる。
windowsでこのusbメモリーをフォーマットしてみた
2018y03m07d_234902072.png

結果
2018y03m07d_234923423.png
とexFAT規格になったのだが、CentOS7でそれをmountすると下記のように言われる

[root@c ~]# mount /dev/sdb1 /mnt/usb
mount: unknown filesystem type 'exfat'
[root@c ~]#

追加のパッケージが必要で、pkgs.org で調べると exfat-utils が必要みたい。

[root@c ~]# rpm -Uvh https://forensics.cert.org/cert-forensics-tools-release-el7.rpm
 
[root@c ~]# sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/yum.repos.d/cert-forensics-tools.repo
[root@c ~]# yum --enablerepo=forensics install exfat-utils

っでmountをしてみると

[root@c ~]# mount /dev/sdb1 /mnt/usb/
FUSE exfat 1.2.8
 
[root@c ~]#
[root@c ~]# df -lTh | grep usb
/dev/sdb1      fuseblk     59G  3.4M   59G    1% /mnt/usb
[root@c ~]#

といけた

実際にファイルをコピーする

[root@c ~]# ls -lh /kvm/c110.qcow2.img
-rw-r--r-- 1 root root 9.5G  2月 21 04:36 /kvm/c110.qcow2.img
 
[root@c ~]# time cp /kvm/c110.qcow2.img /mnt/usb/
 
real    14m30.112s
user    0m0.839s
sys     1m4.227s
[root@c ~]#

読み出しは

[root@c ~]# time cp /mnt/usb/c110.qcow2.img .
 
real    3m7.526s
user    0m0.506s
sys     1m11.553s
[root@c ~]#

となった。
usbメモリー自体が高速云々を謳っていないのでこんなもんかと

っでこれをumountして

[root@c ~]# umount /mnt/usb

再びwindowsに差し込むと
2018y03m08d_004146966.png
と認識


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-08 (木) 00:43:25 (104d)