vncでは個別にvncサーバを起動させてました。
ここではXDMCPをそのままvncに乗せたいと思います。

参照先:https://www.ibm.com/developerworks/jp/opensource/library/os-multiuserloginsvnc/index.html
https://www.itzgeek.com/how-tos/linux/centos-how-tos/remote-login-with-gdm-and-vnc-on-centos-7-rhel-7-configure-vnc-on-xinetd-with-xdmcp-centos-7-rhel-7.html

xinetdを使う方法ですが、、

まずはXDMCPを有効にします

xdmcpを有効に

ここではgdmを対象にしてます

[root@c ~]# vi /etc/gdm/custom.conf
[daemon]
 
[security]
AllowRemoteRoot=true
DisallowTCP=false
 
[xdmcp]
Enable=true
MaxSessions=30
 
[chooser]
 
[debug]

設定後にgdmを再起動させます。

[root@c ~]# systemctl restart gdm

その後にxinetdを調理

xinetdをインストール

昔よく使っていたデーモンです

[root@c ~]# yum install xinetd

vncデーモンを作成します

[root@c ~]# vi /etc/xinetd.d/vncserver
service vncserver
{
   disable     = no
   socket_type = stream
   protocol    = tcp
   wait        = no
   user        = nobody
   server      = /usr/bin/Xvnc
   server_args = -inetd -once -query localhost -geometry 1024x768 -depth 16 -securitytypes=none
   type        = UNLISTED
   port        = 5900
}

tcpポート追加

既に5900は定義されているかもしれないが、下記のように修正

[root@c ~]# grep " 5900" /etc/services
#rfb             5900/tcp                # Remote Framebuffer
#rfb             5900/udp                # Remote Framebuffer
vncserver 5900/tcp # VNC and GDM
[root@c ~]#

xinetd配下のvncserverを再起動

[root@c ~]# systemctl restart xinetd
[root@c ~]# systemctl enable xinetd

で完了

vncビューアでアクセス

xinetdのvncserverで指定したポートは5900なので、相手方に5900を指定します。
2019y07m15d_044641416.png

するとパスワードなしに下記画面が表示されます。
2019y07m15d_044837672.png

一応複数同時に画面を出しても大丈夫


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-06 (火) 04:15:10 (84d)