Linuxに関連することをメインに書いているのだが、とわ言っても「利用環境」のメインは
どうしたってwindows。職場でMacOSXも増えてきてはいるが、私が使う環境で多いのはwindows。
ってなことで、ここにwindowsに纏わる記事を置いておくことにした。

windows/リモートディスクトップ
windows/IDE開発環境

ネットワークの種類(ドメイン、パブリック、ホームまたは社内)

これはネットワークポリシーを定めたもので、nic毎に接続状況によって代わる。
ADに接続されたnicがあれば、それは「ドメイン」向けのプロファイルが適用され、
自宅なら自宅向けの、パブリックならそのプロファイルが適用される

プロファイルの中身は、

  • ネットワーク探索
  • ファイルとプリンターの共有
  • パブリックフォルダの共有
  • メディアストリーミング
  • ファイル共有の接続
  • ホームグループ接続(ホームまたは社内の選択肢)

の有効無効の他、各種のWindowsファイアウォール定義によって構成されている。
windowsファイアウォールの設定画面でプロファイラに応じての定義ができる。
2013y09m20d_185053785.png
留意したいのは、対象がインターネットだから「パブリック」で、内部だから「プライベート」ではない。
そのnicが所属している「プロファイル」がどの場面においても適用される。
対象が外部、内部に関係なく、nicが所属している「プロファイル」のルールが適用されるだけ。


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-08 (火) 00:08:47 (11d)