2016年とかにはあった「Windows Server 2012 R2 Foundation」な「Fundation版」が打ち切りで
今現在もっとも安価にwindowsServerを調達/導入できるのはWindows Server 2019 Essentialsとなった.
2020.8現在 7万円台, アカデミックなら 3.5万円台

Essentialsなので当然Standard版からは機能が削除されている反面、CALが不要とかの利点がある。
google先生に伺えば分かる事柄なのですが、

ここでは、アカウント管理をこのwindows Essentialsに行わせ、
 計算機サーバ(Linux)
 NFS/CIFSサーバ(Linux)
をメンバーサーバとさせ、ユーザは
 windowsクライアント
を土台として、計算機を利用する状況を想定する。

過去ページ:windowsServer200805

ドメインコントローラーになる準備

「サーバーマネージャ」を立ち上げてメニューの「管理(M)」から「役割と機能の追加」を選択して、「役割と機能の追加ウィザード」を開きます。
画面下部の「次へ(N)」ボタンを押下し続けて、「サーバーの役割の選択」画面にて「Active Directory ドメイン サービス」を選択します。
2020y08m05d_141048912.png
チェックを入れると別の画面が表示され、関連ツールも同時にインストールされると通知される。
その画面下部の「機能の追加」ボタンを押下します。
2020y08m05d_141243911.png
元の「サーバーの役割の選択」画面に戻ります。
ここでさらに「DNSサーバー」も選択します。
2020y08m05d_141904023.png
これも同じくチェックを入れると別画面が表示され、関連ツールもインストールされると通知されます。
画面下部の「機能の追加」ボタンを押下します。
2020y08m05d_142050431.png

「役割と機能の追加ウィザード」に戻りますが、あとは「次へ(N)」を押下して、AD関連のインストールを完了させる。

ドメインコントローラーになる

必要なアプリのインストールが完了すると「サーバーマネージャ」の上部に「注意マーク」が表示される。
そこを押下すると下記のようなメッセージが表示される。
2020y08m05d_143638038.png
「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」リンクをクリックします。
すると「Active Directoryドメインサービス構成ウィザード」画面が表示されます。
2020y08m05d_143930670.png

ここで確認画面が表示され、「次へ(N)」で前提条件のチェックが実行されます。
チェックで問題がなければ「インストール」ボタンを押下してADを構築させます。

停止サービス

「Downloaded Maps Manager」は「自動(遅延開始)」から「無効」に変更

最新の60件
2024-07-25 2024-07-24 2024-07-16 2024-07-15 2024-07-12 2024-07-07 2024-06-29 2024-06-22 2024-06-21 2024-06-17 2024-06-14 2024-06-11 2024-06-10 2024-06-08 2024-06-07 2024-06-02 2024-06-01 2024-05-30 2024-05-16 2024-04-26 2024-04-15 2024-04-11 2024-04-06 2024-04-05 2024-03-30 2024-03-29 2024-03-19 2024-03-15 2024-03-06 2024-03-05 2024-03-03 2024-02-23 2024-02-22 2024-02-21 2024-02-20 2024-02-19 2024-02-18 2024-02-13 2024-02-12 2024-02-09 2024-02-04 2024-02-03

edit


トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-05 (水) 14:55:11