Windows Server 2019 Essentialsで作ったActiveDirectoryにユーザを登録します

ただし単なるユーザ登録ではなく uid/gid を持ってLinux環境にログインできるユーザを作ります

以前は「Server for NIS Tools」でwindowsServerのADUC[Active Directory User and Computers]からuid/gidが
定義できていたのですがwindowsServer2016から廃止されてしまった。

っでその回避方法ですが、ActiveDirectoryへの通常のユーザ登録を行った後で属性エディターでattribute を変更します。

まずはwindowsServerにてユーザを登録します.
2020y08m05d_195012561.png2020y08m05d_200028401.png
その際の入力値は下記のように反映されます

windows
attributename
ユーザーID
sAMAccountName
ユーザーログオン名
Displayname
表示名
sn
givenname
initials
イニシャル
description
説明
physicalDeliveryOfficeName
事務所
telephoneNumber
電話番号
mail
電子メール
wWWWHomePage
Webページ
入力値Einzbern von IrisvielairiEinzbern von IrisvielEinzbernIrisvielアイリ師匠おねがい!アインツベルン相談室XXXX-XXXXXXYYYY@YYYYYhogehoge
備考初期値変更不可

その後に

attributeの追加

/etc/passwdに相応となる項目は下記になります

posixAccount(/etc/passwd)
attributeuiduidNumbergidNumbergecosunixHomeDirectoryloginShell
備考sAMAccountNameと同じにユニーク値にDisplaynameと同じに/home/<uid>/bin/bash

なので属性エディターを使って下記のように修正します

2020y08m05d_201936361.png
2020y08m05d_202054472.png
2020y08m05d_202153192.png
2020y08m05d_202305344.png
2020y08m05d_202428332.png
2020y08m05d_202520632.png

Groupの場合

groupも同様に属性エディターで attribute「gidNumber」でgidを定義します

一括でユーザ登録したい

恐らくADへテキストファイルを読ませてユーザ登録ができるかと思うが、、

ホームディレクトリ

windowsPCにてコマンドプロンプト(cmd)を起動した際、どこにいるかは

  • ADドメインに参加していない
    C:\Users\<ユーザ名>
  • ADドメインに参加なら
    「attribute」の「homeDirectory」(ホームフォルダーにて「ローカルパス」を指定なら)
    or
    「attribute」の「homeDirectory」と「homeDrive」(ホームフォルダーにて「接続ドライブ」を指定なら)
    *環境変数「%USERNAME%」で代用することも可能

で定められる。
2020y08m06d_084316696.png


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-06 (木) 08:48:03 (114d)