本家様 http://www.xrdp.org/

windowsに標準装備の「リモートデスクトップ接続」を使ってLinuxを操作してみる。

使うのは xrdp
このソフトは、Linuxに「リモートディスクトップ」のサーバ機能をもたらす。
ちなみに「リモートディスクトップ」のクライアントアプリもLinuxにはあり、それは freerdp

インストール

デスクトップの画面を表示することになるので、X環境gnome環境をまず入れておく。
ただしinit3のままでいい。init5でも構わないけど

[root@c130 ~]# yum groupinstall Desktop "X Window System" "Japanese Support"
 
[root@c130 ~]# grep -v "#" /etc/inittab
id:3:initdefault:
[root@c130 ~]#

xrdpは、http://pkgs.org で検索するとepelリポジトリにある。
なのでここを参照してepelリポジトリを組み込み、xrdpとtigervnc-serverをインストールする。

[root@c130 ~]# yum --enablerepo=epel install xrdp tigervnc-server
[root@c130 ~]# yum remove firstboot                                   *起動途中の設定伺いを阻止

設定

xrdpのデーモンを動かすだけでいいので、

[root@c130 ~]# /etc/init.d/xrdp start
[root@c130 ~]# chkconfig xrdp on          *自動起動のために

とする。
同じくインストールしたtigervnc-serverも chkconfig でデーモン起動可能なのだが、停止したままでいい

つかう

[スタート]->[アクセサリ]->[リモートディスクトップ接続]を起動させ
2013y07m01d_203123206.png
接続するコンピュータ名にxrdpを稼働させたLinuxマシンを指定します
2013y07m01d_203541999.png
*[オプション]ボタンをクリックして画面サイズを変更しても構わない。
[接続]ボタンをクリックすると下記のような画面が現れる。
2013y07m01d_203900581.png
ここで、

  • Module sesman-Xvnc
  • username foo
  • password xxxxxx

とそのマシンに存在するユーザを指定してログインする。
ログイン直後の画面が下記になる。
若干見慣れないものが表示されるが、一応はX画面でログインができた。
2013y07m01d_204202796.png
この見慣れないダイアログは[キャンセル]で回避する。

恒久的な対策は ここ と同じようにして解決可能かと。
こちらでは、下記のようにしたら成功済み

[root@c130 ~]# cd /etc/xdg/autostart
[root@c130 autostart]# echo "X-GNOME-Autostart-enabled=false" >> polkit-gnome-authentication-agent-1.desktop

run レベル

上記は全てrunレベル5のX11環境が動いている状態の場合である。
っで、接続先マシンのrunレベルが3でも上記のようにリモートディスクトップ接続するとgnomeが立ち上がります。

キーボード

ぁっ、キーマップが微妙に違っている.....USキーボードっぽい...
ここに対応方法がある
http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263.html
っで

[root@c130 ~]# cd /etc/xrdp/
[root@c130 xrdp]# wget http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263/km-e0010411.ini
[root@c130 xrdp]# ln -s km-e0010411.ini km-e0200411.ini
[root@c130 xrdp]# ln -s km-e0010411.ini km-e0210411.ini
 
[root@c130 xrdp]# ls -l km-e0*
-rw-r--r-- 1 root root 8703  2月  3 05:45 2010 km-e0010411.ini
lrwxrwxrwx 1 root root   15  7月  1 21:07 2013 km-e0200411.ini -> km-e0010411.ini
lrwxrwxrwx 1 root root   15  7月  1 21:07 2013 km-e0210411.ini -> km-e0010411.ini
[root@c130 xrdp]#

これでxrdpを再起動すれば日本語キーボードにも対応して、漢字キーを押せばかな漢字変換が使える(Ctrl + space でも可)


トップ   編集 添付 複製 名前変更     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-05 (金) 22:01:36 (1621d)